« お相撲も政治も興味本位にて天井桟敷高見の見物 | トップページ | 八十を切るが目標日の暮れて春近けれど道遠きかな »

2010年1月26日 (火)

懐かしき音楽教師現れてテレビ画面は音楽室に

大腸内視鏡検査から少々疲れて帰宅してネットにつなぐのも億劫なので漫然とテレビ観賞。番組はNHK名古屋ニューイヤーコンサート。伊藤恵が得意のシューマン協奏曲を弾いていたら

姑「これ、女学校の時の音楽の先生や」
俺「ほーう、よう覚えてるなあ。なんで?」
姑「なんでということないけど、XX先生や」
俺「そうか、そりゃたいしたものや。歳はもう百歳を越えてるやろな」
姑「そうや、そうやで」

時間・空間は客観にあらず、主観の産物なり。主客合一の境地に到れば歳を忘るは当然のことである。また、音楽を聴こうね。

Mon, Jan 25

  • 06:33  今日の大腸内視鏡検査に備えて昨夜の夕食はスープと缶ビールのみ。今日午前中に下剤を飲んで午後から検査。 #tanka #jtanka 2リットル下剤飲まされアヌスより水ほとばしり腸空となる(旧作) おかげでだいぶアルコール気が抜けたような、減量もしていると嬉しいな。

Powered by twtr2src.

|

« お相撲も政治も興味本位にて天井桟敷高見の見物 | トップページ | 八十を切るが目標日の暮れて春近けれど道遠きかな »

小話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お相撲も政治も興味本位にて天井桟敷高見の見物 | トップページ | 八十を切るが目標日の暮れて春近けれど道遠きかな »