« ダイヤルを続けることで測られる熱意の程度公平なるか | トップページ | 執愛の悲劇「サロメ」のその踊りストリップティーズの意味考える »

2010年2月11日 (木)

サロメ、執着愛の悲劇

Photo_2
ヨハネの首を持つサロメ(カラヴァッジオによる)

BShiがメトロポリタン・オペラ特集を放送していたが、その第一弾、リヒアルト・シュトラウス「サロメ」を今朝ヘッドホン集中聴楽した(配役その他はメトを現地で観た方の記事に詳しい)。

さて、そこでこのオペラ(楽劇)、いったい何を言いたいのだろうかと考えた。

原作戯曲の作者はオスカー・ワイルド(耽美的・退廃的・懐疑的だった世紀末の、旗手のように語られる。多彩な文筆活動をしたが、男色を咎められて収監され、出獄後、失意から回復しないままに没した)ということから退廃的耽美的オペラと受け止められるのが一般的なようである。

Photo_5 しかし、ストーリーのおおもとは新約聖書にあるというので、その部分を洗礼者ヨハネのウィキペディアから転載してみよう。

“そのころ、領主ヘロデはイエスのうわさを聞いて、家来に言った、「あれはバプテスマのヨハネだ。死人の中からよみがえったのだ。それで、あのような力が 彼のうちに働いているのだ」。というのは、ヘロデは先に、自分の兄弟ピリポの妻ヘロデヤのことでヨハネを捕らえて縛り、獄に入れていた。すなわち、ヨハネ はヘロデに「その女をめとるのはよろしくない」と言ったからである。そこでヘロデはヨハネを殺そうと思ったが、群集を恐れた。彼らがヨハネを預言者と認め ていたからである。さてヘロデの誕生日の祝に、ヘロデヤの娘がその席上で舞をまい、ヘロデを喜ばせたので、彼女の願うものは、なんでも与えようと、彼は 誓って約束までした。すると彼女は母にそそのかされて、「バプテスマのヨハネの首を盆に載せて、ここに持ってきていただきとうございます」と言った。王は 困ったが、いったん誓ったのと、また列座の人たちの手前、それを与えるように命じ、人をつかわして、獄中でヨハネの首を切らせた。その首は盆に載せて運ば れ、少女にわたされ、少女はそれを母のところに持って行った。それから、ヨハネの弟子たちがきて、死体を引き取って葬った。そして、イエスのところに行っ て報告した。”(マタイによる福音書 第14章1~12)

オペラは新約聖書の上の部分を土台に作られていて、実際の台詞でもヨカナーン(バプテスマのヨハネ=洗礼者ヨハネ、使途ヨハネとは別人)が「イエスの教えを聞け」などと語るのである。このように、一見耽美的のみに見える物語の背後に洗礼者ヨハネ(イエスとは異なる主張をするヨハネ教団を率いていた)とイエスとの関係があることが楽劇理解のポイントだと思う。

そこで更に検索して、当時の時代状況、イエスと洗礼者ヨハネとの主張の違いをわかりやすく解説してくれる記事に出会った(その一部を下に転載)。

ユダヤの野で、救世主の出現を預言し、民衆に終末の到来と悔い改めを説いたヨハネは、イエスに先駆けて現れた預言者として位置づけられています。真の主の到来を説くヨハネは、為政者にとっては疎ましいものであったため、イエスの洗礼の後、ヘロデ・アンティパスに捕らえられて悲惨な最後を迎えます。

これによると、ヨハネはユダヤ律法に囚われた終末思想の持ち主、これに対して、イエスは律法から解放された自由と愛を説く人のように思える。

事実この二人の宣教の方法は大きく違っていました。ヨハネは荒野に身を置き、粗食や断食に甘んじ、神の恐怖の審判を強調していたのに対し、イエスは町や村を巡ってさまざまな奇跡を行って神の愛を説き、そして、古いユダヤの戒律はむしろ恣意的と言ってよいほど自由に解釈していました。

つまり、楽劇「サロメ」はイエスの教え(愛と自由)を理解していない人々(ヨハネに恋焦がれるサロメその他そして、律法に囚われているヨハネ自身も)の執着愛がもたらす悲劇と俺は理解するのである(論証不足で少々強引に見える人は上の記事全文を読んでね)

その後のキリスト教会はイエスの自由と愛の教えだけでは体制化できず、終末思想(ユダヤ教→洗礼者ヨハネ)や原罪思想で弱者のルサンチマンに迎合し、プラトニズムのトッピングでインテリを教会の道具とした(アンチクリスト人生方程式参照)。とすると、ニーチェを読んでいたであろう作曲者リヒアルト・シュトラウス(「ツァラトゥストラかく語りき」など)を思えば、楽劇「サロメ」はそうしたキリスト教体制に対するアンチテーゼでもあると思う。

それにしても、このオペラの呼び物、サロメの踊りは凄い。ブルジョア商業主義はここまで退廃するのである、と思いつつ太めマッティラおばさんの頑張りを楽しんだのだ。

サロメの踊り(カリタ・マッティラ)

サロメの踊り(マリア・ユーイング。こちらの方が過激元祖のようだ)

2010年02月10日(水)

4:36起床。ヤルヴィ/カンマーフィル「田園」、音楽する喜びが伝わって来る。小松亮太+ブロドスキーSQでピアソラその他。春の朝生きる悦び音楽に #jhaiku #haiku
posted at 07:34:37

@keith2forests @biwaprancer おはようございます。プール再開、ぼちぼち歩いて行く朝です。
posted at 07:55:35

@keith2forests こちらこそフォロりよろしくお願いします。
posted at 17:15:07

ブーレーズ前衛音楽聴くうちにヘルパー来訪お喋りな人 #tanka #jtanka 「ピエール・ブーレーズ IN ルツェルン音楽祭」http://bit.ly/bQMyxd 、ヘッドホンでいつか聴き直すつもりだからいいけど。
posted at 17:21:33

ブログ更新しました→「ダイヤルを続けることで測られる熱意の程度公平なるか」/ところで、あと数年すればシルバーエイジ割引30%引き。歳をとるのはワルイことばかりではないのである。http://bit.ly/9XAp4H
posted at 17:41:46

ケツの穴小さき協会大相撲体はデカく心は狭し #tanka #jtanka  RT @hir_max: 東京ドーム借り切って…  RT @swallowdance: 相撲協会「朝青龍の引退式に国技館を貸すとは限りません」との発言。 !!!
posted at 18:07:51

USB端子接触不良? 俺のノートPC、結構熱をもつので冷却ファンをUSB端子に差し込んで使っているのだが最近よくファンが止まる。別の端子に差し込むと動く。また、ダビングすべく携帯をこの端子に差し込んでも認識しない。この端子が接触不良だと判断して掃除機をかけたら端子復調と思われる。
posted at 19:10:11

|

« ダイヤルを続けることで測られる熱意の程度公平なるか | トップページ | 執愛の悲劇「サロメ」のその踊りストリップティーズの意味考える »

「哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダイヤルを続けることで測られる熱意の程度公平なるか | トップページ | 執愛の悲劇「サロメ」のその踊りストリップティーズの意味考える »