« 「クラシックひとりごとMARKⅡ」発進 | トップページ | 感情二層モデル »

2010年3月 1日 (月)

肉体の天使、心の悪魔(小話)

一年前にこの家に嫁に来たのやけどイヤやねん、この家。
古い大商家(造り酒屋)の十何代目かがうちの夫、うちより三十も年上。
そして(実は)夫の一人息子とうちは相思相愛の仲やったんよ。
その仲を夫が(知らなかったようだけど)引き裂いたのよね(うちの実家に対する経済的援助と引き換えに)。うちはだいぶ悩んだけど親のことを思ったりして受け入れたの。

彼には全く相談しなかったので、話が進んで親族顔合わせの際にうちの顔を見て鳩が豆鉄砲やったわ、彼。
祝言挙げて輿入れして褥も(冷たい心のままで)一緒にしているけど、夫は最近になってようやくうちが心を開かんこととその理由を薄々感じてきたの。090106scala

こないだも「お前の体は反応しているけど心は氷のようや、なんでや、その理由を言うてみい」とうちを攻めるんよ。あんまりシツコイのでしようがないから
「うちには胸に秘める人がいるんや。そやけどうちのからだ白百合のように純潔なんや。それでええやろ」と言うてやった。そしたら、顔を真っ赤にして歯を食いしばったままでなにしてきたわ。

まあ、いまどきひとりの男しか知らんうちは希少価値やね。それで満足したらええねん、あいつ。どう考えてもうちより先に逝くやろしね。

※以上、フリードリヒ・フォン・シラー作の戯曲『スペイン王子ドン・カルロス』(1787年作)よりアイデア拝借感謝。写真はオペラ・ファン注目のミラノ・スカラ座開幕! ガッティ指揮『ドン・カルロ』から拝借感謝。

2010年02月28日(日)

3:44起床。ミラノ・スカラ座「ドン・カルロ」ガッティBShi再生第一幕まで。観ながらレクィエムを思い出したりする。愛と死と権力と友情とそして神の物語、ガッティの棒はしなやかに歌っている。 #tanka #jtanka 色事と愛とはどこが違うのか降りみ降らずみ春雨の朝
posted at 07:32:48

テレビとは残酷なもの大地震伝えて次は五輪決勝 #tanka #jtanka
posted at 07:34:09

ミラノ・スカラ座「ドン・カルロ」ガッティ、「開幕24時間前になって突然スカラ座はタイトルロールのテノール、ジュゼッペ・フィリアノーティの代役としてアメリカ人スチュワート・ニールが初日を歌う」というトラブルを乗り越えての開演だった。http://bit.ly/drQz87
posted at 07:39:06

@biwaprancer おはようございます。春雨や濡れて行こうかプールまで。
posted at 07:53:22

ブログ更新→「クラシックひとりごとMARKⅡ」http://sns.prtls.jp/doyoubi/login.html 発進/音楽を聴いてネットで検索し楽しむ日々や見習いシニア #tanka #jtanka
posted at 08:11:34

人間に生まれたるひと人間に愛と争ひ残してぞ逝く #tanka #jtanka
posted at 11:16:04

春しぐれ花芽に垂るゝひとしずく #jhaiku #haiku 「いつ濡れし松の根方ぞ春しぐれ」久保田万太郎 「母の忌やその日のごとく春時雨」富安風生
posted at 11:19:53

映画「十戒」チャールトン・ヘストン鑑賞中。現在2:10/3:45だが少々飽きてきた。BGM的に観ようかとも思うが新聞も読んでしまったしなあ。 #tanka #jtanka 信仰は心の底に兆すもの総天然色の映画にはなく
posted at 15:33:35

「冬の奥州街道(松島~竜飛岬)ローカル路線バス乗り継ぎの旅」http://bit.ly/bdtdOh 、この番組オモロイ。蛭子能収のキャラが魅力のひとつ。そこで、年齢を調べてみると俺より一つ上だったhttp://bit.ly/cplNyY 。頭に刻んでおこう。
posted at 18:31:18

|

« 「クラシックひとりごとMARKⅡ」発進 | トップページ | 感情二層モデル »

小話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「クラシックひとりごとMARKⅡ」発進 | トップページ | 感情二層モデル »