« 発声開眼? | トップページ | マーラーと井上ひさし »

2010年4月12日 (月)

吉宗の江戸の名残の桜散る

Photo ブロムシュテットN響マーラー9番を聴きに行くついでに(ちょっと足を伸ばして)飛鳥山散歩(JR王子駅すぐそばとは知らず)。この地を桜の名所に仕立て上げたのは、八代将軍徳川吉宗だそうで、散り始めの残花を楽しめた。ここから石神井公園までの石神井川も花見ロードとして有名のようなので、またいつか歩いてみよう。

写真はウコン(鬱金)という桜の品種、数百品種あるサクラのうちで唯一、黄色の花を咲かせるサクラである。ギョイコウ(御衣黄)もあったが、こちらはいい写真が撮れず。

2010年04月11日(日)

4:05起床。昨日に続きマラ9、今日は若杉弘N響、淡々平板、それでも終楽章は盛り上がった。そこで昨日のアバドを聴き返す、断然違う、うねっている輝いている光っている。さて、今日のブロムシュテットN響はどうか。天井桟敷でどう聴こえるか。頼むから終了後の拍手は我慢してくれよ。posted at 06:05:31

昨日の発声練習、何か開眼したような気が。息を流すだけで抜けないようにするコツの会得中。柔らかい声が出る。録音をスライドショー動画にしてフォト蔵にプライベートアップしようとしているのだが、このPC野郎が何度も過熱電源断。冷やしてから後刻リトライ所存。posted at 06:09:05

@biwaprancer おはようございます。発声開眼したような朝、しきりにうなっております。posted at 07:33:13

外出の道すがら市長選投票、新宿経由王子駅下車飛鳥山すでに葉桜もあり見物、御衣黄いくらか残っていたのが収穫、都電で大塚に回り昼食後渋谷へ。マラ9/ブロムシュテットN響、分裂症気味の楽章を経て結局この曲は終楽章、ちょっとうるっと来た。チャイコ悲愴の本歌取りかも、人間最後は死ぬのだ。
posted at 18:40:00

|

« 発声開眼? | トップページ | マーラーと井上ひさし »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 発声開眼? | トップページ | マーラーと井上ひさし »