« 松田光世氏ツイート 「今週、党役員・内閣改造か」の一部転載 | トップページ | 生き甲斐は朝の聴楽次プール後は余生と日々は過ぎ行く »

2010年5月12日 (水)

同盟と安保の違い

朝はツイッターチェック。マスコミには出ない情報があるからだ。
そして、今朝は岩上安身さんのツイートが有益かつ面白かった。

たしかに中国の脅威は座視できない、そ こは同意。問題はしかし、そこから先。属米保守が必ず言及するのが、09年の麻生内閣で、中曽根前外相が言った「尖閣諸島は日米安保の対象」という言葉。 中国が尖閣諸島を襲った際には、米軍が出動して必ず防衛してくれるという思い込み。日米安保の幻想 

続 き。対して05年に日米間で正式に署名された外交文書「日米同盟~変革と再編」には、日本周辺の島嶼部は、日本側が防衛することと、はっきり役割分担が記 されています。この矛盾を今日ははっきり問いただしました。すると岡田外相、「日米同盟~変革と再編」の記述内容をはっきりと認めたのです

続き。尖閣を中国軍が侵略しても、米国 は一義的には出動しない。日米両国政府の取り決めである05年の「日米同盟~変革と再編」を読めばそれは明白で、であれば、海兵隊の駐屯地が沖縄かグアム かで、いざ有事の際、即応性に重大な違いが生ずるかのような議論がいかにまやかしか、明らかです。

続き。岡田外相が、何があったかは知ら ないが、「正気」に戻り、「島嶼部の防衛は一義的には自衛隊の任務」という、当たり前の見解に立ち返ったことは歓迎したい。さらには、これが普天間問題の 解決に、大きな光明を見いだせるような政治的なサインであればなおうれしい。欲張りすぎかもしれないけど。

現在の普天間問題は後から見れば、重大な岐路なのかもしれない。日本の防衛は(核以外)自前が基本という当然の原則に日本国民が気づくかどうか、それが鍵となる。

2010年05月11日(火)

2:50起床。ドミンゴ・ガラ・東京、オッテルロ、シラノ、カルメン最終幕のガラ・オペラ2010、あんまり期待していなかったが、ドミンゴ衰えず、他の歌手たちも悪くない、CGがうざい。これが最後の舞台かと思わせて高い入場料+国際フォーラム5000人ホールだったようだ。posted at 06:33:39

代替施設不要論(ホントかどうかわからぬが)→「米国防総省の最新データによると、現在、普天間にいるのは約1万人で、そのうち半数はイラクとアフガンに遠征している。戦地へ経由するために必要な拠点は嘉手納基地のみで、普天間は不要だ」http://bit.lyagIDEj
posted at 06:41:46

@sonnie_Ch コメントありがとうございます。お父様のオペ無事をお祈り申し上げます。posted at 08:02:06

@biwaprancer おはようございます。行きつけの女医さんに受診に行く朝です。
posted at 08:02:48

「沖縄の海兵隊は抑止力なのか、抑止力とは何なのか」。ハトポッポがこれだけ追い込まれていても「5月末決着」と自信ありげに語るのは、アメリカ向けに「5月末までにはグアム先行移転と返事してこいよ」プレッシャー.. http://togetter.com/li/18706
posted at 09:16:20

行く春やいのちひとつを持て余し http://doyoubi.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-b3d7.html どれだけ俺に神様が時間をくれるかわからないが、俺も精一杯、力演熱演好演しよう。いのちはひとつしかないのだから。
posted at 09:38:02

穏やかなニヒリストあり絶望も希望も持たず悦楽に生く #tanka #jtanka 恥ずかしながら信条であります。
posted at 09:43:17

わが眉に一本の白毛見つけたり悲しき器ししむらの老ゆ #tanka #jtanka 今のところ、眉毛はまだ一本だけだ。posted at 09:44:16

聡明な日本政府ならば抜かりはないでしょう。ハトが聡明かは別にして。@3TStopicRDQ 海兵隊追い出すのは賛成だが、取って代わる兵力を置かないと、尖閣諸島が南沙諸島の二の轍になる可能性大。「そんな事出来ない」という考えはCHINAには通用しない。
posted at 13:46:25

松田光世氏ツイート 「今週、党役員・内閣改造か」の一部転載 http://doyoubi.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/k-0fbb.html
posted at 17:35:00

今週、内閣改造→小沢防衛相×管外相×鳩山首相の最強トロイカ体制で普天間全面解決(グアム移転+全国分散機能(訓練等)移転)なる幻視幻聴あり。http://ameblo.jp/asuma-ken/entry-10530974918.html
posted at 17:53:28

|

« 松田光世氏ツイート 「今週、党役員・内閣改造か」の一部転載 | トップページ | 生き甲斐は朝の聴楽次プール後は余生と日々は過ぎ行く »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松田光世氏ツイート 「今週、党役員・内閣改造か」の一部転載 | トップページ | 生き甲斐は朝の聴楽次プール後は余生と日々は過ぎ行く »