« 自由、平等、合目的性の三項対立 | トップページ | 「最小不幸社会」なる政治思想とは? »

2010年6月 9日 (水)

どんな政治活動も、《生命》は直接つくれない

あの下村健一さん(下村健一さんから葉書が来た!)がTwitterを始めていることを昨日発見。彼のツイートから感じ入った言葉を転載する。

この4日間で最も印象的だった言葉。金曜夜の『ずばッと』インタビュー後、食事しながら菅伸子夫人に「(首相に決まった)今日が菅夫妻一番の記念日?」と訊いたら、「子どもが産まれた日が一番よ。どんな政治活動も、《生命》は直接つくれないもの」と即答。…深く共感!

新宰相記者会見の

政治の役割については「国民、世界の人々が不幸になる要素を少なくしていく、『最小不幸』の社会をつくることにある。貧困や戦争といったことをなくすことにこそ政治が力を尽くすべきだ」と強調

には夫人の上の言葉と共通するものがあるように思う。政治は必要以上に個人に介入するな。

2010年06月08日(火)

4:15起床。エル・バシャのピアノでラヴェル鐘、ラフマニノフ練習曲集音の絵、どちらもあまり聴いていない曲だが、ラヴェルは馴染めそうで馴染めず。観念的・情緒的・技巧的と音楽を三分類したときに、ラフマニノフは情緒・技巧にはまるがラヴェルは観念なのか情緒なのか不明と屁理屈をこねてみる。
posted at 07:34:06

自由、平等、合目的性の三項対立 http://doyoubi.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-c161.html ハーバード白熱教室第9回「入学資格を議論する」の整理
posted at 07:48:48

@anponman @_meguming_ @kgussan @bakasanahide @biwaprancer おはようございます。特に所感のない朝です。 #tanka #jtanka すこやかにひらたく暮らす一日をテレビとネット友となしつつ
posted at 07:52:40

こころの遺伝子辻井伸行、恩師の川上昌裕さんにもスポットをてた内容。「器の大きなピアニスト」の中身を突っ込んで欲しかったが音楽番組ではないから無理か。番組最後、恩師の前で弾いたマズルカは心に沁みた。音楽は人と人の間に生まれるもの、心は脳内現象ではなく社会的現象なのだから。
posted at 11:50:05

@anponman 「目が覚めました」→私はそろそろおねむです。なにせ朝が早いもので。posted at 16:43:40

幕末の志士を気取れる記者会見演技に凝るは名優ならず #tanka #jtanka 「思えば出る 思わないことはするな」宇野重吉http://doyoubi.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-8ad4.html
posted at 17:45:51

|

« 自由、平等、合目的性の三項対立 | トップページ | 「最小不幸社会」なる政治思想とは? »

「哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自由、平等、合目的性の三項対立 | トップページ | 「最小不幸社会」なる政治思想とは? »