« 本を読む意志も気力も失せたれどテレビを観ては脳を鍛錬 | トップページ | アシュケナージN響のドヴォルザーク »

2010年6月 5日 (土)

シューベルト+ベートーベン@第一生命ホール

ミロ・クァルテット
ダニエル・チン/山本サンディー智子(ヴァイオリン)、
ジョン・ラジェス(ヴィオラ)、ジョシュア・ジンデル(チェロ)
曲 目  シューベルト:弦楽四重奏曲第15番ト長調op.161 D.887
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第13番変ロ長調op.130/133「大フーガ付」
チケット料金
単独券 一般\3,500 シニア\2,500(60歳以上) ヤング\1,500(小学生以上、25歳以下)
http://www.triton-arts.net/concert/calendar/201006.html#100604

初めてのホールだったが、comfortable。入り口を入ってエスカレーターに二つ乗ってホール一階席に入るという構造も面白い。気に入った。また来よう。

それはともかく演奏内容。一曲目シューベルトは聴いたことがなかったので図書館のCDを借りて十分に予習。シューベルトらしい歌謡性を楽しめる曲 だが、このミロQ、第一Vnに癖があって違和感あり。また、第二Vnは日系女性、堂々たる体格+フラダンスの衣装みたいなオレンジ色花柄のドレスでジェス チャーたっぷりに演奏を引っ張る。チェロとヴィオラ(淡々としかしたっぷりと弾いて好感)よりも東洋系二人のVnが前面に出すぎてバランスがよくない四重 奏団のような気がする。

休憩後の二曲目ベートベーンは耳も慣れて、また、曲の完成度が全然違うので更に楽しめた。もっとメリハリの利いた演奏をと感じるようなところもあ るが、眼で各声部の動きも楽しめるし弦楽四重奏の生聴きはやはりいいなあ(昔、ベルクQ、先日のエクセルシオ試演会とこれで三回目の生聴きなのだった)。

アンコールは浜辺の歌、ポルタメントたっぷりのサービスだった。半分以上空席の終演後はCD販売+サイン会、買ってあげてもよかったがしぶちん俺 はエクセルシオ生聴きの時のためにとっておくことにして素通り。シニア\2,500指定席一階17列で楽しんだ晴海の夜であった。

2010年06月03日(木)

3:18起床。井上ひさし「組曲虐殺」音楽・ピアノ小曽根真の第一幕、石原さとみの笑顔がチャーミング、明朝も継続観賞。辻井伸行ハンマークラヴィア、楽章ごとに拍手したりもらい泣きする善意の聴衆相手に大変とは思うが、もっと突き抜ける演奏を。終楽章にその片鱗あり、成長期待。
posted at 07:40:28

久しぶりに録画した昨夜の報ステ先ほど再生。相変わらずの反小沢キャンペーンが俺の妄想を生んだ。かねて温存用意の菅総理、沖縄対米シフト(真紀子外相、小沢防衛相)+仙谷官房長官、党は岡田幹事長→オール民主党で闘ってもらいたい、こうはならないだろうけど。
posted at 07:44:32

@biwaprancer @udonenogure1 @nyamske おはようございます。今朝も快晴、合唱練習場所取りして句会に歩く朝です。
posted at 07:47:20

本を読む意志も気力も失せたれどテレビを観ては脳を鍛錬 http://doyoubi.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-c6d6.html 政局報道はいい加減にしてくれえとうんざりなのに、ついつい見てしまう俺。
posted at 08:20:52

たひらかに生きる楽しみ直帰して夕刊見つつビールを飲めば #tanka #jtanka サラリーマンのささやかなそしてあまりおおぴらには言えない楽しみである。
posted at 18:57:46

朝日見て左にすこし傾けて日経を読む毎日の朝 #tanka #jtanka 今は日経のみ、しかも流し読みである。
posted at 18:59:35

2010年06月04日(金)

3:28起床。井上ひさし「組曲虐殺」社会の壁や矛盾に突き当たった原体験「カタカタ回る映写機」を大切にしようメッセージなのだが、小林多喜二をめぐる二人の女性の葛藤が全く描かれていず甘口に過ぎる。毒や辛味苦味も井上ひさしの世界だったように思うのだが哀悼。
posted at 07:11:54

@kottibi @udonenogure1 @nyamske @biwaprancer おはようございます。今夜は第一生命ホールでミロ弦楽四重奏団を聴楽、ちょっとわくわくしている朝です。
posted at 07:23:32

@brat0528 おはようございます。テレビでは早くも内閣・党人事で姦しい朝です。
posted at 08:01:54

親指がいのちとりなるハトポッポお茶目はダメよ自戒としよう@aritayoshifu …情報を総合するとここに書かれていることが正しい。鳩山さんが語ったことが世間に対する「美学」ならそれを受容しておく。http://bit.ly/c4jvLC
posted at 08:24:41

民主党代表選は民由合併の未成熟さを克服できるかがテーマだ。「庇を貸して母屋を取られる」という言葉があるが、鳩山内閣の失敗は、母屋内閣になってしまったことだ。派閥はあってもいいが、派閥を超える言論の自由が確立されなければ、刷新は無理/喜納昌吉http://bit.ly/cscZzd
posted at 09:08:05

|

« 本を読む意志も気力も失せたれどテレビを観ては脳を鍛錬 | トップページ | アシュケナージN響のドヴォルザーク »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

投稿: あろえ | 2010年9月10日 (金) 午後 06時09分

ありがとうございます。励みになります。

投稿: 土曜日 | 2010年9月11日 (土) 午前 07時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本を読む意志も気力も失せたれどテレビを観ては脳を鍛錬 | トップページ | アシュケナージN響のドヴォルザーク »