« 音楽の根源は歌 | トップページ | ベートーベンの後期弦楽四重奏 »

2010年12月 1日 (水)

せっかくリクエストした本だけど

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学 これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
マイケル・サンデル Michael J. Sandel 鬼澤 忍

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義 ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業(下) ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業(上) もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら 君たちはどう生きるか (岩波文庫)

by G-Tools

図書館でかなりの順番待ちして昨日入手したが、ちょろっと読んで放棄気味。細かいことをぐちゃぐちゃ書いてるなあ、テレビでエッセンス理解済み(のつもり)なのも読書意欲を減退させている。根気なく努力もせずに冬の雲

2010年11月30日(火)

3;25起床。ホーレンダー総監督お別れコンサート(DVD)http://bit.ly/hChM2V のBS放映録画再生。ドミンゴ以下豪華歌手の声の饗宴。人の声に勝る楽器はないかも。全ほぼ4時間、後半は明朝。オペラアリアを聴きつつ連作小話展開思案も人間ドラマとしてシンクロする所あり
posted at 06:16:35

@sunajopon @biwaprancer @azumizoku @itutubosi @kgussan @udonenogure1 他の皆様、おはようございます。平和と音楽と希望がキーワードの朝です。
posted at 06:18:02

乳母日傘で育てばあんな感じかも。内心を映像だけで量れませんが。 RT @gamonoriko: 正しい恩ってナニ?って突っ込みたくなりますね♪ それよりとても若者とは思えないあの服装、髪型に非常にイライラしますww RT @doyoubi 恩着せがましい名前ですねえ。posted at 06:19:25

#twnovel 女を酒・煙草・賭事なんかと同列に置くなんて失礼しちゃうわ。初対面だから我慢して聞いてたけど、コップの水をぶっかけて喫茶店を飛び出そうかと思ったぐらいよ。でも、彼、相当貯めこんでいそうねえ。あれじゃあ散財のしようがないし。しばらく付き合って見極めてみるわ。
posted at 07:35:35

そう言えば動向が全く伝えられへんなあ。実南天影なき人の影捜す #jhaiku #fhaiku #haiku #kigo RT @sunajopon: @doyoubi おはようございました。かの国、長男はうまく逃げたと感心します。次男はどうしたのでしょうね。
posted at 11:06:29

一週間de資本論③恐慌:資本論は景気循環とバブルを恐慌の要素として捉えているが、マルクスの視野には29年大恐慌やリーマンショックのような大バブル崩壊はなかった。そこでケインズ登場、財政出動によるショック緩和を果たすが今度は財政破綻懸念(EU特に現下スペイン)。処方箋は?
posted at 12:14:03

一週間 de 資本論 一週間 de 資本論
的場 昭弘

超訳『資本論』 (祥伝社新書 111) 超訳『資本論』第3巻 完結編-「資本主義」は、なぜ人々を不幸にするのか? (祥伝社新書154) 超訳『資本論』第2巻-拡大再生産のメカニズム (祥伝社新書153) 池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」 マルクスだったらこう考える (光文社新書)

by G-Tools

一週間de資本論③恐慌(続き):グローバル経済(特に金融)暴走を止めるには世界国家(世界中央銀行、世界税)しかないと的場昭弘は主張するが、浜矩子嫌悪拒否。成長より成熟、グローバル市民(労働者ではなく)たちの力で破滅を回避と訳の分からない結論で幕。浜矩子ってプチブル芸者みたい。
posted at 12:21:52

死に至る地球経済 (岩波ブックレット) 死に至る地球経済 (岩波ブックレット)
浜 矩子

浜 矩子の「新しい経済学」  グローバル市民主義の薦め  角川SSC新書 (角川SSC新書) いまこそ考えたい 生活保障のしくみ (岩波ブックレット) ユニクロ型デフレと国家破産 (文春新書) グローバル恐慌―金融暴走時代の果てに (岩波新書) 女性を活用する国、しない国 (岩波ブックレット)

by G-Tools

|

« 音楽の根源は歌 | トップページ | ベートーベンの後期弦楽四重奏 »

「哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 音楽の根源は歌 | トップページ | ベートーベンの後期弦楽四重奏 »