« パイプオルガンを聴いて学んで触ってきた | トップページ | ババカンで聴くショスタコ »

2011年1月16日 (日)

神とは何か

映画「敬愛なるベートーヴェン」のお陰で「神とは何か」までわかってしもうたよ。

敬愛なるベートーヴェン [DVD] 敬愛なるベートーヴェン [DVD]

楽聖ショパン [DVD] FRT-135 ラフマニノフ ある愛の調べ [DVD] 愛の調べ [DVD] FRT-259 未完成交響楽 [DVD] クララ・シューマン 愛の協奏曲 [DVD]

by G-Tools

映画冒頭、大フーガ(後期弦楽四重奏の傑作)が鳴って「おおっ」と思わせるが、この映画は

1824年ウィーン。うら若き女性がベートーヴェン(エド・ハリス)のアトリエにやってくる。彼女の名はアンナ(ダイアン・クルーガー)。作曲家を志す彼女は、ベートーヴェンの新曲のコピイストとして雇われたのだ。期待に反し、女性のコピイストが来た事に憤るベートーヴェンだったが、やがて彼女の才能を認め、アンナは彼の作曲を支える存在となる。初演を間近に控え、昼夜を問わない創作活動を通して、二人の間には師弟愛以上の感情が芽生えていく。そして、遂に「交響曲第九番ニ短調」初演の日、耳の聞こえぬ恐怖を抱えながらも、オーケストラを指揮するために、ベートーヴェンはケルントナートーア劇場の舞台に立つ・・・。

という作品だ。コピイストというのは写譜師のことで、これがまた飛び切りの美女、対するベートーベンは野獣のごとく無礼な奴、写譜師の恋人が設計コンクールに応募した橋梁模型をステッキでぶち壊すようなことまでする。その一方で、ベートーベンの音楽美の追求はひたすらに純粋なのだ。

そこで思うに、この映画のミソは神と音楽の関係。
ベートーベンが「神は私の頭の中を音で一杯にした後に耳を聴こえなくした」と語るが、彼の音楽の根源には、彼の人生をかくあらしめた神に対する追及ないし神への復讐そしては神の賛美にあるのではないかと考えさせられた。西洋音楽は神との対決なくしてあり得なかったことを改めて思うのである。

そこで、神とは何か。私を私としてこの世にあらしめた運命(生まれ、親、環境、時代その他)が神のまず第一。
第二に神にいくら語りかけても努力しても悲しんでも苦悩しても、神は沈黙をもって答えるのみ(例:「沈黙」遠藤周作)ということが第二。
そして第三、神こそは真実の愛=グルーヴの一瞬(緊張とか絶頂とか)(と思いたい)。

かくして、神=運命+沈黙+愛であり、音楽は神との対話である。我が人生方程式は遂に神にまで至ったのだ。

2011年01月13日(木)

4:15起床。小林愛実×エトウ読響/ショパンP協奏曲2番、今年16歳になる彼女、上手いけどなんかこまっしゃくれた印象を持ってしまうのは偏見かもと思いつつも演奏を聴いてると気取りとかを感じてしまうるこれも偏聴なのだろう、多分。
posted at 05:15:46

小林愛実Debut!(DVD付) 小林愛実Debut!(DVD付)
小林愛実

CHOPIN ( ショパン ) 2010年 02月号 [雑誌] 生徒を伸ばす! ピアノレッスン大研究(ヤマハムックシリーズ) チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 ショパン:ワルツ集(全曲)デラックス・エディション(DVD付) NORTH BIRD

by G-Tools

@sunajopon @biwaprancer @azumizoku @itutubosi @kgussan @udonenogure1 他の皆様、おはようございます。虚心坦懐に音楽を聴くことの難しさを思う朝です。
posted at 05:18:58

#twnovel 気持ちが落ち着かないんです。一旦別れることが彼のためになると思ったのに離れてみると気になって気になって。イケメンだからいい加減な奴だから他に女を作ってしやしないかと妄想したり。どうしたらいいんでしょう私。よりを戻すと前のように彼をダメにするような気がするのです。
posted at 05:40:44

アンドロイド“人間らしさ”の追求。これは凄いロボットだ。いつか俺のコピーを作ってもらお。気色悪いけど。 土曜日のアフィリエイトブログ/ウェブリブログ http://t.co/cd7GEbd
posted at 07:23:09

亡き父と三本勝負寒稽古 #jhaiku #fhaiku #haiku #kigo
posted at 17:18:50

風の子や吾も風邪の子悶えの子 #jhaiku #fhaiku #haiku
posted at 18:39:00

一応読んだけれど、論点ハズレ。①民主党政権は何をやりたくてどういう理由でそれを実現できなかったのか②消費税やTPPなど新しいテーマに関してどの程度党内議論はあったのかを総括してよ。RT 民主党党大会を終えて、所属議員の不満ツイートまとめ http://bit.ly/i3ZZFO
posted at 21:37:14

2011年01月15日(土)

@sunajopon @biwaprancer @azumizoku @itutubosi @kgussan @udonenogure1 他の皆様、おはようございます。昨日は熱発・咳・苦沙弥・水洟でダウンの一日、医者に診てもらい処方の薬でだいぶ回復の朝です。
posted at 06:22:38

|

« パイプオルガンを聴いて学んで触ってきた | トップページ | ババカンで聴くショスタコ »

「哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パイプオルガンを聴いて学んで触ってきた | トップページ | ババカンで聴くショスタコ »