« チビチビ作戦開始 | トップページ | 第九DVDが到着したけど »

2011年1月27日 (木)

全てはコト(モデル)、コトだけれどそこからモノ(物理的実在)を切り出せ

SF小説がリアルになる 量子の新時代 (朝日新書 187) SF小説がリアルになる 量子の新時代 (朝日新書 187)
佐藤 文隆 井元 信之 尾関 章

アインシュタインの反乱と量子コンピュータ (学術選書) 破られた対称性 (PHPサイエンス・ワールド新書) 量子コンピュータとは何か (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ) ひとりっ子 (ハヤカワ文庫SF) 量子テレポーテーション (ブルーバックス)

by G-Tools

この本の一番の収穫はコペンハーゲン解釈が全てではないということを知ったことだ。

<量子力学の三つの解釈>
1 コペンハーゲン解釈(量子力学と古典力学が混在する)
「人は見ている場合」と「人が見ていない場合」の二本立て。
2 多世界解釈(古典力学の世界は存在しない)
人が見る見ないという「観測問題」および「波束の収縮」
をクリアした「私」がいる世界が限りなくある世界。
3 ボーム解釈(すべてを古典力学で考える)


コペンハーゲン解釈は言うならば「見ることで決定論(古典力学)」、見る前は非決定論(量子力学)なので古典力学と量子力学を「見ること(観測)」でジョイントしているが、観測とはどういうことをいうのかキチンと定義していないので無理矢理ジョイントなのだ。そこで、全てを量子力学で説明しようとする多世界解釈が登場したという流れが理解できた(そうか俺の量子力学挑戦はコペンハーゲン解釈の不自然さにあったのだと言いたいのでは決してない)。
ただ、著者(佐藤文隆)によるとコペンハーゲン解釈は「思想善導策」でもあったとのことだ。アインシュタインが「神はサイコロを振らない」などと根源的な批判をしたのだが、俊英たちがそれに靡いて原理的研究に走るよりは継ぎはぎ細工解釈の下で原子核、電子などの実質的研究を進めさせたいとの親心という訳だ。

なるほどなあと思いつつ読んでいたら佐藤文隆先生の筆は多世界解釈にも及ぶ。全てを量子力学で説明するのはいいのだが「可能世界が持っていた筈のエネルギーは何処に行ったのかという可能世界消滅のゴミ掃除問題」が気になるという。多世界のそれぞれを物理的実在とするからこういう問題が発生するということだ。ついでながら、この点、この本の第一部(尾関章)は可能世界を実在と思わせる記述が多々あり、筆が走り過ぎている。本を売るための、興味を持たせるとめの戦略だと理解しておくが。

そして佐藤先生の筆は「理論とは何か」というメタ科学(哲学)にまで及ぶ。多世界解釈において「余計な思い込みを捨てよ」(つまりは多世界を物理的実在と考えるな)と主張する。そして、「対象と認識者の二者だけで理論や法則を位置づけるのは無理がある」という。外界と内界の他に第三の世界(文化、言語、数学など)があり、理論は第三の世界の産物でもあるという(こういう言い方はしていないが)。

俺に言わせればここはもっと素直に、「現象の背後に真理や実在があるとするのではなく、現象のこちら側(記号世界・価値世界)に真理、実在、論理のモデルを作るしかない」(真理より道理、実在より現象)という考え方、すなわち、俺が名付けるところの「モデル論的転回」とでも表現すればよいと思うのだが、そこは宇宙物理学者、謙虚に理論の中味を「物理系独特の部分と一般情報処理的部分(言語、数学などによって理論を記述せざるを得ないのでこういう部分が出て来る。言うならば現象の見え方、理論の表現形態と俺は思う)に分けよ」と主張して本書は終わっている。

要するに、全てはコト(モデル)、コトだけれどそこからモノ(物理的実在)は切り出して理論を構築しようということだろうな。量子情報科学の先端(量子暗号・量子コンピュータ・量子テレポーテーション)も理解した気持ちになれるスグレモノ新書であった。

 神はサイコロを振った(ビッグ・バン)。そしてサイコロは今も回り続けている(粒子と波動の二重性)。

2011年01月26日(水)

3:05起床。「熱情と静寂のオペラ 指揮者 大野和士の挑戦」、タンホイザーはエリザーベトの自己犠牲の物語ではなくてエロス賛歌、かつ、それを受け入れられなかった死の物語とする大野和士。今度、何かでタンホイザーを見たら思い出すようにしよう。それにしても五ヶ国語で指揮指導するのが凄い
posted at 07:20:24

@sunajopon @biwaprancer @azumizoku @itutubosi @kgussan @udonenogure1 他の皆様、おはようございます。今日は久しぶりにプール、体重を測るのが楽しみな朝です。
posted at 07:21:33

お買い上げ感謝です。 'Die Kust Der Fuge' http://amzn.to/hwoJy1 、 'Ballads (Dig)' http://amzn.to/fYxbvC 、'エルガー&ディーリアス' http://amzn.to/fqf3ua アマゾン
posted at 07:48:08

はいねそうです。ジャクリーヌ・デュプレ雄渾の演奏です。@yonesky ジャッキー? RT @doyoubi: お買い上げ感謝です。 'エルガー&ディーリアス' http://amzn.to/fqf3ua アマゾン
posted at 08:31:11

エルガー&ディーリアス:チェロ協奏曲 エルガー&ディーリアス:チェロ協奏曲
デュ・プレ(ジャクリーヌ)

ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 シューマン:チェロ協奏曲 Jacquelin Du Pre: In Portrait [DVD] [Import] ブラームス:チェロ・ソナタ第1番&第2番 ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ロ短調

by G-Tools

ここいらで節酒試さむ冬夕焼 #jhaiku #fhaiku #haiku #kigo RT @sunajopon: @doyoubi おはようございます。半月が残る朝、朝焼けが綺麗。
posted at 16:21:18

笑はせて泣かせる映画春遠く #jhaiku #fhaiku #haiku
posted at 16:22:47

#twnovel ふーっ終わった。裏口のドアを開けると冷たい夜風が気持ちいい。お局様と陰口されてるみたいだけど私がいないと一日の業務終了、御名算にならないのよなあ。ヘッドホンでショパンを聴きながら駅へ。晩ご飯何にしようか。肉と野菜のバランスなんかも考えるようになった私独身35歳。
posted at 19:22:12

|

« チビチビ作戦開始 | トップページ | 第九DVDが到着したけど »

「哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チビチビ作戦開始 | トップページ | 第九DVDが到着したけど »