« 連作小話「艶然と微笑む女」 | トップページ | エクの悪口を書きたいのだけれど »

2011年1月 7日 (金)

真実、愛してる。ゆらいでいるけど

乳房喪失―歌集 (短歌新聞社文庫) 乳房喪失―歌集 (短歌新聞社文庫)
中城 ふみ子

冬の花火 (集英社文庫) 新編・中城ふみ子歌集 (平凡社ライブラリー) 右左口―歌集 (短歌新聞社文庫 (1016)) 歌集 葦舟  角川短歌叢書 (角川短歌叢書―塔21世紀叢書) 子規歌集 (岩波文庫)

by G-Tools

今朝、坂本龍一スコラ特別編「ベートーベン」を観ていたら、読者からの「クラシックにもグルーヴ(ノリ、高揚感)はあるか」との質問に坂本が「ある。グルーヴは身体に基礎があるから。自分のコンサートで演奏者と聴衆の呼吸が一致して感動することがある」と答えていた。そうかそうか、音楽の基礎に呼吸のリズムがあるのだ。息を吸う(緊張)と息を吐く(弛緩)のリズムが音楽(メロディ、和音、リズム)の変化に反応するのだなあ。

と考え始めたら、ここ数日の疑問「真実の愛?」に結びついた。すなわち、真実の愛はグルーヴの一瞬(緊張とか絶頂とか)にある。しかし、身体も心もゆらぐものだから緊張すれば弛緩せざるを得ず真実は冬の虹のように近づこうとすれば遠のいて消える。まあ、愛に限らず真実一般は瞬間なのだろう。つまりは、真実は発見するものではなく構成するもの(真実=事実+価値判断)なのだから。

 冬の皺寄せゐる海よ今少し生きて己の無惨を見むか 中城ふみ子

2011年01月06日(木)

3:15起床。メト「トゥーランドット」グレーギナ、氷のような姫君の心も王子を愛しつつ自己犠牲となったリューと王子の接吻によって溶ける、王子の名は愛というドラマだが、王子の本心が俺にはわからぬ。リューの死の直後に接吻するというのも頂けないしそもそも姫君を愛しているのかどうかも不詳。
posted at 06:19:15

@sunajopon @biwaprancer @azumizoku @itutubosi @kgussan @udonenogure1 他の皆様、おはようございます。難解な愛のオペラの真実を知りたい朝です。
posted at 06:21:05

#twnovel ちぇっ、また残業。社長から面倒見てやってくれと頼まれてボンクラ男の指導。指導してるうちにかりかりしちゃって遂には自分でやり出してなんとか終電に間に合った。この会社、社長がケチだからタクシーは絶対に認めてくれない。コンビニでビールを買って一人淋しく飲んでる。
posted at 07:28:05

真実や寄せては返す冬の波 RT @sunajopon: @doyoubi おはようございます。ひと袋のお餅を持て余してもうお汁粉を食べている朝。愛に真実なんてございません ^^。
posted at 14:11:22

小寒や小志抱きてクリックす #jhaiku #fhaiku #haiku #kigo
posted at 16:54:07

あなたもアーティスト仲道郁代の ピアノ初心者にも弾けるショパン http://amzn.to/fXhgGs を注文した。全てハ長調に編曲しているようだが、それでもショパン風味ありとのこと。
posted at 17:03:43

あなたもアーティスト 仲道郁代の ピアノ初心者にも弾けるショパン (趣味工房シリーズ) あなたもアーティスト 仲道郁代の ピアノ初心者にも弾けるショパン (趣味工房シリーズ)
仲道 郁代


by G-Tools

映画「菩提樹」 http://amzn.to/f7juXJ 鑑賞なう。恥ずかしながらトラップ一家の映画すなわち「サウンド・オブ・ミュージック」先行作品とは知らなんだ。動画はこちらhttp://bit.ly/hsbLYO
posted at 18:17:59

菩提樹 [DVD] 菩提樹 [DVD]

続・菩提樹 [DVD] 野ばら [DVD] 別れの曲 [DVD] 未完成交響楽 [DVD] 愛の調べ [DVD] FRT-259

by G-Tools

ネット家計簿ココマネhttp://bit.ly/bKxnPaに切り換えた。理由①預金口座管理が出来る②月末集計表PDFのダウンロード機能があり印刷が簡単。これで姑(被後見人)の資産収支透明管理が実現できそう。
posted at 19:41:39

こちらこそ。CMスキップして時間有効活用観戦できます。オススメです。 RT @antea24: @doyoubi 砂女さん繋がりで、宜しくお願いします。箱根駅伝をわざわざ録画する人を初めてしりました。<(_ _)>
posted at 19:43:15

|

« 連作小話「艶然と微笑む女」 | トップページ | エクの悪口を書きたいのだけれど »

「哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 連作小話「艶然と微笑む女」 | トップページ | エクの悪口を書きたいのだけれど »