« 小説を読んでみる気になった | トップページ | 映画は役者で観るものだ »

2011年1月20日 (木)

日本はTPPで輸出を拡大できっこない!

昨日、Twitterで知った中野剛志という人の議論。ナショナリストの間で最近、有名な方のようだ。一応YouTubeを貼っておくが

動画を観るのが面倒臭い人(俺もそう)向けに議論の要約をコピペして置こう。

●全てのTPP参加国から見て日本市場は大きな輸出先である。 ●他方日本から見てTPPの参加国の多くは、それ程大きな市場では無い。 ●唯一巨大市場のアメリカと相互に関税を全廃しても、アメリカのドル安政策で日本は輸出を増やせない。 よって日本はTPPによって輸出を増加できないばかりか雇用を失い、また農業も廃れ取り返しのつかないことになると結論づけ危惧をしている。

上のリンク先では反論がなされているが、俺が思うに「アメリカのドル安政策」の実現可能性がポイント。中国みたいな国は別としてアメリカその他の自由主義標榜国が為替を政策的に誘導できるのだろうかと思う一方で、いやアメリカはそれぐらいの事をやりそうだしやれるぞとも思う。だいたい今の円高が自由なマーケットの判断結果とも思えないしなあ(900兆借金大国の通貨がこんなに高くていいのか)。

それはともかく、中野剛志の著作、面白そう。読んでみるかな。

考えるヒントで考える 考えるヒントで考える
中野 剛志

自由貿易の罠 覚醒する保護主義 恐慌の黙示録―資本主義は生き残ることができるのか 国力論 経済ナショナリズムの系譜 成長なき時代の「国家」を構想する ―経済政策のオルタナティヴ・ヴィジョン― 考えるヒント (文春文庫)

by G-Tools

2011年01月19日(水)

4:10起床。ハーゲンQでシューベルトSQ15番、最後の四重奏曲。ロザムンデ、死と乙女と異なって美しく悲しいメロディは出て来ず晦渋な曲。まだその渋さを味わえてないけど明治学院大学で無料演奏会http://bit.ly/dFweFYがあるので聴きに行く。ショスタコ7番も聴けるのだ。
posted at 05:01:16

@sunajopon @biwaprancer @azumizoku @itutubosi @kgussan @udonenogure1 他の皆様、おはようございます。芥川賞受賞作家西村賢太に少し興味を持った朝です。http://bit.ly/ihq5Qn
posted at 05:03:29

#twnovel 予想通り連絡してきたけどお節介にも就職しろと言う。しかも自分が勤めている会社にだよ。俺を丸抱えにするつもりなんだ、あいつ。でも、考えて受けることにした。流れに乗るのが一番楽だもん。ついでにあの女のことも話しといた。二股続けると火傷するからな。痛いのはキライ。
posted at 05:32:16

神々も健康大事薬喰 RT @sunajopon: @doyoubi おはようございます。芥川賞受賞作は村上龍以来読んだことがありません、えへん。 神々の墓標のごとく樹氷原 
posted at 13:07:04

|

« 小説を読んでみる気になった | トップページ | 映画は役者で観るものだ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小説を読んでみる気になった | トップページ | 映画は役者で観るものだ »