« 連作小話「胸の奥の残り火」 | トップページ | シュルレアリスム展、この一枚 »

2011年2月12日 (土)

チョンミョンフンN響マーラー3番、神々しき終楽章

雪が心配だったので上方を早立ち、シュルレアリスム展―パリ、ポンピドゥセンター所蔵作品による―で時間を潰してNHKホールへ。

マーラー / 交響曲 第3番 ニ短調
指揮|チョン・ミョンフン
アルト|藤村実穂子
女声合唱|新国立劇場合唱団
児童合唱|東京少年少女合唱隊

N響楽員の方のツイートもトゥギャリなう。明日の感想も追加所存だが、ブロムシュテットN響9番と同じく一生の思い出になった。好きやねんマーラー、3番終楽章は昇天の思い。

開演前ロビー室内楽は
<出演>嶋田慶子(ヴァイオリン)、藤村俊介(チェロ)
<曲目>ベートーヴェン(フリードリヒ・ヘルマン編)/クラリネットとファゴットのための3つの二重奏から
ボッケリーニ/ソナタ ニ長調

ラクリン+幻想交響曲の時と同じだが、聴くのが二度目のせいか大曲を前にしての演奏者の高揚感のためか、より熱く聴こえた。藤村さん、嶋田さん、ブラボー。

上のYouTube、演奏はゲルギエフLSO。ここに神は居る。

マーラー交響曲全集マーラー交響曲全集
ベルティーニ(ガリー)

111 Years of Deutsche Grammophon PCオーディオfan3 (MOOK21) ザ・ケルン・コンサート [SHM-CD] シューマン:交響曲全集 ブルックナー:交響曲第4番変ホ長調「ロマンティック」(ハース版)

by G-Tools

2011年02月11日(金)

大阪駅上のホテルなう。TV兼用PC遅し。
posted at 06:19:07

2011年02月09日(水)

3:05起床。ヨハネス・モーザーVc、ブリテンのソナタ、ブラームスのソナタ1番なう(いつの間にか聞き覚えが出来ていた、この曲)。このチェリストまだ33歳、哲学的いかつい風貌、イケメンではないが一部のおばさんに人気がありそう。http://bit.ly/enGSCo
posted at 03:48:39

昨夜からネット遅し。俺のブログを「フレッツ」で検索したら「ネットがのろい件:フレッツに電話して回線調査。信号に異常。フレッツケーブル差込口を見てくれと言われてちょろっと押し込んだら復旧。ゆるんでいたとのこと。こんなのあるんだ!」http://bit.ly/h97ffO で復旧。
posted at 03:50:57

#twnovel 冗談じゃなくてあの人本気。もーう、ほんとに男が好きなんだから。私はたったひとつの思い出を残り火のように胸に燃やし続けて生きる。私は過去に、母は未来に。なんか普通の母娘と逆みたいだけど貸方借方バランスがとれてていいじゃない。さて、勘定も合ったし本日の業務終了。 了
posted at 03:58:26

「連作小話「胸の奥の残り火」」をトゥギャりました。 http://togetter.com/li/98681
posted at 04:09:15

@sunajopon @biwaprancer @azumizoku @itutubosi @kgussan @udonenogure1 他の皆様、おはようございます。所用で二泊三日上方へ、帰路東京駅から渋谷に行きチョンミョンフンN響マラ3が楽しみな朝です。
posted at 04:27:40

私のブログで '太陽誘電製 That's DVD-Rビデオ用 CPRM対応8倍速215分8.5GB 片面2層ワイドプリンタブル スピンドルケース50枚入 http://amzn.to/hBVsxn をお買い上げのお客様、有難うございます。私も最近はこの商品を愛用しています。
posted at 04:49:23

永田洋子に関して「たいていの場合、感情は理屈より圧倒的に正しい。だからそのふたつに矛盾を感じたら、迷わず感情に沿って生きるべき」と書いてるブログhttp://bit.ly/gsslrj あり。永田洋子が感情より理を優先したか否かは知らねども。
posted at 05:09:19

|

« 連作小話「胸の奥の残り火」 | トップページ | シュルレアリスム展、この一枚 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 連作小話「胸の奥の残り火」 | トップページ | シュルレアリスム展、この一枚 »