« カルミニョーラ「四季」より夏 | トップページ | チョンミョンフンN響×ラクリン(繊細なベトコンと歌い咆哮する幻想) »

2011年2月 6日 (日)

ウィーンの夜会

モスクワ・ライヴ1986 モスクワ・ライヴ1986
ホロヴィッツ(ヴラディーミル)

1966年 カーネギー・ホール・コンサート Horowitz Plays Liszt 展覧会の絵&戦争ソナタ~超絶技巧名演集 ザ・ラスト・レコーディング 1965年 カーネギー・ホール ザ・ヒストリック・コンサート(アニヴァーサリー・エディション)

by G-Tools

今朝のウォーキングお供はホロヴィッツ。この華やかさ、色気が心地良い。とりわけ、この曲、「ウィーンの夜会」シューベルト/リスト編曲。

シューベルトにこんな洒落た曲があるんだあと思ったけど、編曲がリスト。この色気はリストから来ている(と勝手に考えた)。検索すると五嶋みどりさんの記事に出会った。

リストは1846年から52年の間に、シューベルトのピアノ・ワルツ集をもとに『ウィーンの夜会』という9曲セットの作品を作曲しています。今日のプログラムは9曲セット(リストは2つのヴァージョンを作りましたが)中の6番目の曲で、旧ソ連の偉大なヴァイオリニスト、ダヴィド・オイストラフによってピアノとヴァイオリンのために編曲されたものです。リストは、この作品にシューベルトの『優雅なワルツ』第9番と第10番、『感傷的なワルツ』第13番の3曲から題材を取り入れています。リストは1822年にウィーンで幼いピアニストとしてシューベルトに会い、生涯を通じて作曲をすることで敬意を表しました。リストは既に1830年、40年代にはシューベルトの『冬の旅』や『白鳥の歌』も含めた全歌曲集を編曲しています。オイストラフはヴァイオリンとピアノの曲に相応しいように、音符全部を書きなおすのではなく、いくつかの音符を省いて、自由をもたせたアレンジにしています。

ヴァイオリン曲にも編曲されているんだあ、この曲。色気があって哀しく愉しい曲が俺は好きだ。「ウィーンの夜会」覚えておこう。

2011年02月05日(土)

3:35起床。カルテット・エクセルシオ大フーガ、去年大晦日のルートウィヒQ大熱演を思い出しながら聴く。あらためて思う、凄い曲なり。ベートーベンはどういうメッセージを込めたのか、何を考えたのか、一生聴くだろうなあベートーベン特に弦楽四重奏とピアノソナタ。謎だからこそ音楽なり。
posted at 07:11:07

@sunajopon @biwaprancer @azumizoku @itutubosi @kgussan @udonenogure1 他の皆様、おはようございます。コミセンに合唱練習予約をとりに歩く朝です。寒明けや歩きて聴きて時過ごす
posted at 07:15:04

#twnovel あれ以来、店には行っていない。俺も色々あってここいらでもう一度所帯を持ってもいいかと思いつつあったところにあのオバハン。オモロイ女やしアホではないし、丁度いい相手と思ったんだけど…。更年期過ぎてるとこっちも辛いわ。本人に面と向かって言えないから黙って退散。
posted at 08:00:32

AMAZONアソシエイト・ツールバーが突然表示されなくなった。表示ON/OFFを繰り返してもNG。まあたいして困らんけれど。ところで、昨日のNHK教育芸術劇場カルミニョーラ、相変わらず切れ、いきのいいVnだけれど潤いが少しなくなったように感じるテレビ桟敷。posted at 08:10:38

私、だいぶ以前に脳のMRIやりました。小さい脳梗塞があるけれど問題なしとの診断でした。まあ、でも頂戴したいのちですから大事に長持ちさせたいです。節酒なう。RT @kgussan: @doyoubi おはです♫今日はMRI検査を受けに病院に行って来ます^^;
posted at 08:34:39

寒明けや声張り上げる草野球 #jhaiku #fhaiku #haiku #kigo
posted at 13:08:01

蛇穴を出でて蕾を舐め回す RT @sunajopon: @doyoubi こんにちは。スノードロップが蕾をつけました。二年目の花は小さく寒明くる
posted at 13:13:20

|

« カルミニョーラ「四季」より夏 | トップページ | チョンミョンフンN響×ラクリン(繊細なベトコンと歌い咆哮する幻想) »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カルミニョーラ「四季」より夏 | トップページ | チョンミョンフンN響×ラクリン(繊細なベトコンと歌い咆哮する幻想) »