« 爆問学問に上野千鶴子登場 | トップページ | ヴェルレク@コバケン東京アカデミッシュカペレ »

2011年6月12日 (日)

原発労働災害で死亡した人がいた

昨日のTBS報道特集で初めて知った。

喜友名正さんは、1997年9月から、非破壊検査の企業の孫請け会社の社員として働き始めました。現場は主として定期検査の原発(加圧水型)でした。収入を確保するために各地の原発(泊、玄界、伊方、高浜、美浜、大飯、敦賀)、六カ所再処理工場を転々とし、年間6~8事業所で業務に従事しました。
 「危険だからやめて」という妻の末子さんや親せきの強い反対を振り切って、「国が管理しているから大丈夫」と働き続けました。被曝しすぎて働けなくなるなど、原発の仕事がない時は沖縄に戻りアルバイトで収入を確保していました。
 正さんはついに2004年1月に体調不良でまったく働けなくなりました。入院・手術・看護のかいもなく、悪性リンパ腫により2005年3月53歳の若さで死亡されました。正さんは主治医に「原子力のせいでこうなったのだろうか」と尋ねました。そのとき喜友名正さんは離職していましたが、会社から放射線管理手帳をわたされていませんでした。どれほど被曝しているのか、本人も家族も主治医も知らなかったのです。

更に問題なのはこの件が氷山の一角ということだ。

日本の原発被曝労働者の総被曝線量は3000人・シーベルトを超え、その健康被害は癌・白血病死だけでも300人を超える規模です。内部被ばくによる被害も加わりますが詳細は不明です。日本の原発被曝労働者は40万人ともいわれますが、表面化した労災補償は多くありません。原発被曝労働者の労災申請は喜友名さんを含めこれまでに18件あり、そのうち認定されたのは10件です。2004年の長尾さんの多発性骨髄腫労災認定までは白血病5件とJCO臨界事故の急性障害3件でした。長尾さんの多発性骨髄腫に続いて白血病以外の労災が認定され、原発被曝労働者の労災認定の狭い門を開く方向に更に一歩前進しました。

なんとかしろよ、民主党政権。原発の是非はおくとしても労働者の命を守れ。過酷労働を禁止せよ(今、福島で何が起きているのか、本当に頭が下がる)。

2011年06月11日(土)

小澤マノンレスコー後半了。アメリカに流刑されたマノン、恋人が一緒に来てるのに「私はひとり、死にたくない」とか歌う。なんだ、この女は。錯乱してるのか。プッチはこんな魔性物欲女に愛を捧げる男がいる、どうだ凄いだろうと言いたいのだろう。女は死んで男は生き残るというのも面白い。
posted at 05:32:48

プッチーニ:歌劇《マノン・レスコー》ミラノ・スカラ座1998年 [DVD] プッチーニ:歌劇《マノン・レスコー》ミラノ・スカラ座1998年 [DVD]

ヴェルディ:歌劇≪オテロ≫ミラノ・スカラ座2001年 [DVD] プッチーニ:歌劇《トスカ》ミラノ・スカラ座2000年 [DVD] ヴェルディ:歌劇《椿姫》フェニーチェ歌劇場2004年 [DVD] ヴェルディ:歌劇≪仮面舞踏会≫ザルツブルク音楽祭1990年 [DVD] ロッシーニ:歌劇《セヴィリアの理髪師》パリ・オペラ座2002年 [DVD]

by G-Tools

@biwaprancer おはありございます。#jhaiku #fhaiku #haiku #kigo 五月雨やいつかは帰る水の底
posted at 06:56:10

#twnovel まだマンションのローンも残っているし、母のパートの収入だけでは苦しいのは当たり前。そこに持って来て俺が銀行辞めたもんなあ。母も色々考えたのだろう。だから、この話、受けようかと思っているよ。母のためもあるけど、麻美、おまえのためにもな。俺、坊主に合ってるかも。
posted at 08:04:11

どうでしょうかねえ、上から目線では? RT @aquamasa: 無駄な前座、これから反撃場面で終わり。もう10分あったら。RT @doyoubi: 爆問学問「上野千鶴子」文字起し→http://bit.ly/kOFzGa
posted at 13:14:55

|

« 爆問学問に上野千鶴子登場 | トップページ | ヴェルレク@コバケン東京アカデミッシュカペレ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 爆問学問に上野千鶴子登場 | トップページ | ヴェルレク@コバケン東京アカデミッシュカペレ »