« 虞美人草殺人事件 | トップページ | チャイコフスキー弦楽四重奏曲第3番変ホ短調Op.30 »

2011年6月 7日 (火)

事実は立体的/菅直人の場合

円柱を上から眺めた場合、円。横からだと長方形。かように事実は立体的、観る角度によって違った形で見える。

そこで、我が宰相菅直人の場合。菅さん、本当にそれでいいんですか」 ホームレスになったかつての同志が激白/産経ニュースによると

「菅が将来、もし首相になったら日本人を辞める」という仲間が周りに少なくなかったことを、ご存じないでしょう。

 そんなあなたが首相になったのは国民にとっても不幸なことです。首相としての立ち居振る舞い、帝王学を学んだわけでもなく、たまたま自分のバイオリズムと世の中の周波数がかみ合ったからなれただけです。

とまで言われてしまう。他方、下村健一内閣審議官(下村健一さんから葉書が来た!というご縁あり)によると

2日昼の民主代議士会での「復興にメドついたら若い世代に引き継ぐ」という総理演説。その部分の発言メモを、前夜、側近らに頼まれて仕事外で書いた。勿論、その通り読むか否かは菅さん自身の判断だっだから、僕がやったのは単にキーボードを叩いただけだけど、何か引導を渡してしまったような気分。

続き◆以来、「メドっていつ?」が議論を呼んでるが、例えば「8月」とか先に期日を決めて、その時点で復興の進捗状況の区切りが悪くてもサヨナラ、という形を菅さんは考えていない。本当に自分でなく相手(=復興メド)次第と思ってるから、日程は隠してるわけではなく、明確に言いようがないのだ。

続き◆ただ、それを悪用してズルズルと居座ろうという魂胆はない。さっきまで御本人と一緒に話していたが、如何に復興その他の政策をこれから有効に組み上げ、次代に継承するか、という熱弁ぶりは本当に真剣だった。1年前のちょうど今日、首班指名された晩に会った時の熱弁が思い出された…

と好意的に(下村さんの立場上当然と言えば当然だが)評価されている。以上、事実は立体的、泥棒にも三分の理というお話であった。

マスコミは何を伝えないか――メディア社会の賢い生き方 マスコミは何を伝えないか――メディア社会の賢い生き方
下村 健一

評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている マグネシウム文明論 (PHP新書) 人生の法則 「欲求の4タイプ」で分かるあなたと他人 経済古典は役に立つ (光文社新書) 必ず覚える!1分間アウトプット勉強法 (PHP新書)

by G-Tools

2011年06月06日(月)

@togetter_jp 数日前からクロームでトゥギャッターを開くと画面が崩れていた。クロームのキャッシュをクリアするとなんとかなるかもと思い、やってみた(キャッシュクリアなかなか終了しないのでPC再起動)ら正常画面に復旧した。記録・連絡まで。
posted at 02:20:24

ノリントンN響エルガー1番熱演快演だけれどエルガーやっぱり好きになれない所がある。あのエラソーな感じのメロディー。国民性、文化なのだからしようがないけど。続いて「夢のタクトを振る日」なう、あの熱血佐渡裕がBPO指揮に到るまでのドキュメント(のようだ)。posted at 03:41:19

エルガー:作品集(エニグマ変奏曲/交響曲/他) エルガー:作品集(エニグマ変奏曲/交響曲/他)
エルガー オムニバス(クラシック)

チャイコフスキー: ピアノ協奏曲第1番 ヴァイオリン協奏曲、他 ラフマニノフ:協奏曲2番/交響曲2番 ラヴェル:作品集 メンデルスゾーン:作品集 シベリウス:作品集

by G-Tools

Nスペ/ シリーズ原発危機 第1回:事故はなぜ深刻化したのか→再生なう。電源車手当てすればなんとかなると初期対応したが電気系統故障のため冷却ポンプ作動せず。非常時とはいえ電気系統故障ぐらい想定したろう、大疑問。その他簡潔文字起し→http://bit.ly/mrQNMc
posted at 06:54:17

@biwaprancer おはありございます。どこまで事実を明らかにしたか疑問もありますが、Nスペ再放送「シリーズ 原発危機 第1回 事故はなぜ深刻化したのか」は、6月13日(月)午前1時30分~2時28分・総合(12日の深夜)で再放送予定。※近畿ブロックは午前1時43分~の放送
posted at 07:06:41

#twnovel 入った銀行の仕事はきつかった。まさにセブンイレブンです。でも、給料は悪くなかったし土日は休めるから辛抱できなくはなかったけど、事件があって辞めました。あるトラブルの原因を僕のせいにしたんです、先輩が。悲しかったのはみんな黙って見てるだけだったこと。砂漠でした。
posted at 07:22:56

「“虞美人草”殺人事件」をトゥギャりました。 http://togetter.com/li/144952
posted at 08:51:58

“虞美人草”殺人事件 漱石 百年の恋物語http://bit.ly/izpkt1 原作も読んでないし討論聴いててもよくわかんないけど面白かった。特に、出演者、小倉千加子が喋っている時の島田雅彦の表情とか岩井志麻子って下品な色気があるなあとか。テーマは具象の女抽象の男自己本位真面目
posted at 15:32:36

@gamonoriko お下品も芸の内なりさくらんぼ
posted at 18:10:43

アラン・ドロン, リチャード・コンテ「ビッグ・ガン」http://amzn.to/iq8fws 足を洗おうとしたドロン、妻子を殺されて組織全部を相手にした孤独の復讐を始める。エンディングはシチリア島、カヴァレリア・ルスティカーナの舞台だ。B級娯楽作、時間の無駄とは思うまい。
posted at 20:06:09

TVタックルなう。今日の悪者は官僚。主役は岸博幸となんとか某という経産省の官僚。彼らが捲し立てるのを自民党石原某と民主党某(ああ、名前が出てこないよ、松下政経塾出身の若いのにメタボの男)。ふんふん言うて聞くなよ。私は官僚を使いこなせますと言ってみな。次のテーマは官僚活用能力か嗚呼
posted at 21:31:11

|

« 虞美人草殺人事件 | トップページ | チャイコフスキー弦楽四重奏曲第3番変ホ短調Op.30 »

「哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 虞美人草殺人事件 | トップページ | チャイコフスキー弦楽四重奏曲第3番変ホ短調Op.30 »