« マーラー「大地の歌」 | トップページ | イラン映画「運動靴と赤い金魚」1997年 »

2011年6月27日 (月)

パンダと弦楽四重奏

Photo
エクの定期演奏会のついでに上野動物園パンダ見物。入場料600円(65歳以上は300円)、次に行く時は300円だろうなあ。

クァルテット・エクセルシオ
第21回東京定期演奏会
会場 東京文化会館 小ホール
開演 14:00 開場 13:30
曲目
モーツァルト 弦楽四重奏曲 第8番 ヘ長調 K.168
ベートーヴェン 弦楽四重奏曲 第11番 ヘ短調 op. 95
「セリオーソ」
チャイコフスキー 弦楽四重奏曲 第3番 変ホ短調 op.30

風邪薬のせいかパンダ見物疲れのためかそれとも試演会で聴いたばかりのためか、全曲ウトウトしてしもうた。ごめんねエク。

チャイコフスキー:弦楽四重奏曲全集 チャイコフスキー:弦楽四重奏曲全集
ボロディン四重奏団

ブラームス:弦楽四重奏曲全集 チャイコフスキー:弦楽セレナーデ チャイコフスキー&ドヴォルザーク:弦楽セレナード ブラームス:弦楽六重奏曲集 ドビュッシー&ラヴェル:弦楽四重奏曲

by G-Tools

2011年06月26日(日)

アバドBPO「大地の歌」アンネ・ソフィー・フォン・オッター、ヨナス・カウフマン、この曲は終楽章とりわけラストに向けてのオケの長い間奏そして「永遠に」と歌いながら静かに終焉した後の沈黙を聴くためにある。客席も拍手を控え静韻を味わった後にスタンディングオベーション、楽員も放心状態。
posted at 05:12:42

しみじみと蟻のごとくに生きてみた #jhaiku #fhaiku #haiku
posted at 05:20:38

「大地の歌」一番好きな箇所(終楽章、オケの間奏の部分)をYouTubeで見つけた。梅田新道名曲喫茶「日響」の暗い片隅で何度聴いたことだろうか。バーンスタイン×イスラエル・フィル×ルードヴィヒhttp://bit.ly/inbjFe アバドより脂濃い演奏で全曲を聴けるようだ。posted at 05:57:06

マーラー:交響曲第9番・第10番・大地の歌 [DVD] マーラー:交響曲第9番・第10番・大地の歌 [DVD]
バーンスタイン(レナード) ルートヴィヒ(クリスタ) コロ(ルネ)

マーラー:交響曲第4番・第5番・第6番 [DVD] マーラー:交響曲第7番・第8番 [DVD] マーラー:交響曲第1番ニ長調《巨人》 [DVD] 佐渡裕 佐渡の第九 兵庫熱狂ライヴ! [DVD] モーツァルト:《レクイエム》他 [DVD]

by G-Tools

花石榴心密かに抱く人 #jhaiku #fhaiku #haiku #kigo
posted at 07:35:38

@biwaprancer おはありございます。風邪が少しぶり返したのでうがいして薬を服用してプール自粛の朝です。
posted at 07:41:38

#twnovel 何言ってるのよ、いい旦那さんじゃない。仕事熱心で上司にも受けが良くて出世間違いないわよ。そのためには多少の我慢はしなくっちゃ。あーあ、悔しいなあ。私にはどうしてそんな男が現れないのかしら。現れたら即キャッチして懸命に仕えるのになあ。posted at 08:39:45

新ついっぷるだと比較的良好かも。旧の方が画面に愛着あるけど。 RT @sunajopon: ついっぷるすぐかたまる
posted at 18:22:50

上野から帰宅して神巨戦録画再生なう。結果を知らないまま所々早回しして時間節約、俺は人の人生の何倍も生きるぜよ。 #jtanka #tanka 時間だけは誰も平等時こそは我がパートナー生き急ぐなよ
posted at 18:32:51

私もエクの定期を聴いてました。シニア優遇二千円、正面三列目あたりです。演奏評価参考になります。 RT @russianchamber: というよりも、どこに行っても中高年は多い。要するに「中高年は人口多くて自由に使えるお金も多い」「若者は…
posted at 18:52:39

東京電力は2003年原発停止をどう凌いだのか - 情報の海の漂流者 (id:fut573 / @fut573) http://t.co/ZUbTHFL 短期間であった(20日程)、電力需要が少ない時期であった、計画的であった、火力発電所が健在であった。以上、要点のみコピペした。
posted at 19:15:42

|

« マーラー「大地の歌」 | トップページ | イラン映画「運動靴と赤い金魚」1997年 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マーラー「大地の歌」 | トップページ | イラン映画「運動靴と赤い金魚」1997年 »