« 映画「誰がために鐘はなる」 | トップページ | 映画「人間の條件」全六部一挙放映 »

2011年7月28日 (木)

ケータイで背伸びして撮る燕の子

Photo_2

不動湯に行く途中、道の駅「どうし」にて撮影。

この温泉、露天もサウナも無いけれど、湯風呂(40度前後)と水風呂(30度ぐらい)に交互に入ってちょっとした湯治気分を味わえる(アトピーに効くそうだ)。霊水を汲んで持ち帰ることもできるので20リットルポリタンク\1000を購入して水を汲んだ。

ここから杓子山頂上までは3時間弱。標高1598mの展望は、息を飲む絶景です。富士山が雄大な裾野を広げ、三ツ峠から南アルプス、山中湖を隔てて駿河湾などを望む360度の大パノラ マをゆっくり楽しむことができるそうだ。いつか登りたいが俺の意志と能力でどうだろうか。

2011年07月27日(水)

「誰が為に鐘は鳴る」http://t.co/rlu1Fgc 高名な映画なので2:40を辛抱しながら鑑賞したけど駄作。音楽も冗漫冗舌。取り柄はイングリッド・バーグマンだけか。時間を無駄にしたなどとは思うまい、暇人なのだから。http://t.co/4OdtQ5G
posted at 04:20:18

@biwaprancer おはありございます。なんだか蒸し暑い朝です。
posted at 06:55:30

#twnovel 姉の話は、大手広告代理店幹部である父の人脈で彼の道を切り開いて欲しいということだった。音楽業界は実力もさることながらコネや人脈がものを言う。きっかけを父が作ってくれれば、彼にはあのルックスや声があるのだからブレークする。そしたら結婚を考えるんだって。
posted at 07:15:56

1時間遅れで中日戦観戦なう。優勝とか順位とかは関係ない。一期一会、さよならだけが人生だ。
posted at 19:41:22

|

« 映画「誰がために鐘はなる」 | トップページ | 映画「人間の條件」全六部一挙放映 »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「誰がために鐘はなる」 | トップページ | 映画「人間の條件」全六部一挙放映 »