« 野矢茂樹「語りえぬものを語る」読書ノート | トップページ | ローエングリン聴き比べ »

2011年10月25日 (火)

平凡な一日なれどバッハ聴く音の快楽に満たされて過ぐ

昨日のFM録音聴楽収穫の一曲「ゴールドベルク変奏曲弦楽合奏版」。編曲・指揮のドミトリー・ユリアノヴィチ・シトコヴェツキー(Dmitry Sitkovetsky ロシア語: Дмитрий Юлианович Ситковецкий, 1954年9月27日 - )は

アゼルバイジャンのバクーにおいて、ヴァイオリニストのロシア系ユダヤ人のユリアン・シトコヴェツキーとピアニストのアゼルバイジャン系ユダヤ人のベラ・ダヴィドヴィチの間に生まれる。父親が1958年に急死し、モスクワで教育を受けた。モスクワ音楽院に在学中の1977年、22歳のときにソ連から脱出することを望み、精神病患者として登録。念願かなって同年9月11日にニューヨークに亡命を果たす。その直後にジュリアード音楽院に入学した。

という経歴の持ち主。YouTubeを検索したら静止動画で俺の聴いたのと多分同じ演奏があったので貼り付けておいた。

ゴルトベルク・ヴァリエイションズ(弦楽合奏版) ゴルトベルク・ヴァリエイションズ(弦楽合奏版)
シトコヴェツキー(ドミトリ)

J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲(弦楽三重奏版) [Import] Goldberg Variations - Arranged for String Trio バッハ:ゴルトベルク変奏曲 バッハ:ゴールドベルク変奏曲 バッハ:ゴールドベルク変奏曲(55年モノラル盤)

by G-Tools

2011年10月24日(月)

@doyoubi は23144日生きた。人生あと6856日しかない。今日は有意義だったか? #30thou http://t.co/zqTPeoUK
posted at 00:40:25

2011年10月23日を有意義に過ごした。"100年インタビュー「96歳のジャーナリスト・むのたけじ..." http://t.co/zqTPeoUK #30thou
posted at 05:37:33

著書等読んだことは殆ど無いのですが「個」の人と実感。「個」→敬天愛人が連帯回復の道かもしれません。 RT @gamonoriko: @doyoubi むのたけじ 以前からこの方の書いたものを拝読しているのですが「気骨」とか「筋」という言葉がぴったりの言論人だと思います。posted at 05:40:18

失礼しました。折があれば勉強します。 RT @gamonoriko: @doyoubi いえいえ、これはコミックスではなく私のような経済音痴の大人や、うちのお兄ちゃんのような年頃の子供に、世の中の仕組みを教えるための本です。
posted at 05:41:00

ニーチェ入門 (ちくま新書) by 竹田 青嗣 http://t.co/TOJHbI9x 私のブログでお買い上げ頂き有難うございます。この本、読んだような気がしてますが健忘症の朝です。
posted at 07:12:52

ニーチェ入門 (ちくま新書) ニーチェ入門 (ちくま新書)
竹田 青嗣

カント入門 (ちくま新書) プラトン入門 (ちくま新書) これがニ-チェだ (講談社現代新書) ツァラトゥストラはこう言った 下 (岩波文庫 青639-3) ツァラトゥストラはこう言った 上 (岩波文庫 青 639-2)

by G-Tools

もう一杯そこを我慢や秋の酒 #jhaiku #fhaiku #haiku 「「おい癌め 酌みかはさうぜ 秋の酒」江國滋
posted at 07:21:31

@biwaprancer おはありございます。面白い番組を観始めた朝です。 RT @nhk_hensei: NHKスペシャル「“中国人ボス”がやってきた~密着 レナウンの400日~」経営危機にあったレナウンが中国企業…中国市場に進出… http://t.co/VBsUMbdz
posted at 07:39:30

ゴルトベルク・ヴァリエイションズ(弦楽合奏版) by シトコヴェツキー(ドミトリ) http://t.co/dWCzrkis 音の快楽。理屈抜きで楽しめる、長いのはやっぱり変わらぬが。posted at 11:13:14

6.行く手に「第三のドグマ」がたちはだかる:クワインの枠組と内容の二元論へのディヴィドソンの批判。「『概念枠が処理する以前の、組織化を待っている何か』とは、理解不可能でしかないと断罪する」。ここで言う内容を俺は現象と解する。枠組(理解)と内容(現象)の二元論のどこが悪いの?
posted at 13:33:19

7.ドグマなき相対主義へ:「概念枠は何かに意味を与えるのではない」「世界はさまざまな相貌から成る。その相貌を担う何ものかなど、必要はない。何かが相貌をもつのではなく、たんに相貌があるのである」。相貌=現象+意味ということ。世界は最初から意味を帯びている。純粋経験なんか無いんよ。
posted at 15:07:14

8.相対主義はなぜ語りえないか:「どんな概念枠も、どんな観点も、どんな相貌も、その内側に立つ者のみがそれを理解する。しかし異なる概念枠はまさに外側にあるからこそ、異なる概念枠なのである」。概念枠は世界の限界なのだから相対主義は語りえないと解する。ところで、概念枠=論理空間?
posted at 15:16:05

9.翻訳できないものは理解できないか:「翻訳不可能であっても習得可能な場合がある」。例:碁における「厚い」「薄い」。「ある概念は経験の多寡、あるいはそれに伴う洞察の深浅に応じて、その概念のもつ内実が異なりうる」。ところで、論理空間=概念枠+対象(個体)+関係のようだ。
posted at 15:47:28

マーラー:交響曲第3番 by シャイー(リッカルド) http://t.co/6w45XXqR に付いているオマケ→バッハによる管弦楽組曲(マーラー編)が快楽。宇宙遊泳しているようなバッハ。
posted at 19:37:09

Bach/Mahler Aria http://t.co/jNDfs77z via @youtube
posted at 19:53:50

|

« 野矢茂樹「語りえぬものを語る」読書ノート | トップページ | ローエングリン聴き比べ »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野矢茂樹「語りえぬものを語る」読書ノート | トップページ | ローエングリン聴き比べ »