« いつか伊豆山稜線歩道を歩こう | トップページ | エレガントvsワイルド »

2011年12月20日 (火)

西村賢太をテレビで見た

所感を要約すると、自分を客体視することの大切さ。言い換えると、自分をさらけ出して「他人に開かれた自由」を得るということかもしれない。

二度はゆけぬ町の地図 (角川文庫) 二度はゆけぬ町の地図 (角川文庫)
西村 賢太

どうで死ぬ身の一踊り (講談社文庫) 小銭をかぞえる (文春文庫) 廃疾かかえて (新潮文庫) 暗渠の宿 (新潮文庫) 随筆集 一私小説書きの弁 (新潮文庫)

by G-Tools

2011年12月19日(月)

@doyoubi は23200日生きた。人生あと6800日しかない。今日は有意義だったか? #30thou http://t.co/zqTPeoUK
posted at 00:26:03

無私無欲、責任感ということですか。リーダーの資質 RT @squallleont: @doyoubi 一意見…まとめた言い方だが責任の無さ言動に責任を取る、腹を括るって事。自己抑制…つまり自分の自分達の欲を出すな!って事。
posted at 04:19:11

2011年12月18日を普通に過ごした。"シン・レッド・ライン変わった映画だけどリアルな戦闘描写。朝食後本日の行先検討ネット→修善寺自然公園名残の冬紅葉。129で厚木東名→沼..." http://t.co/zqTPeoUK #30thou
posted at 05:03:20

成熟も円熟もなし枯葉踏む #jhaiku #fhaiku #haiku #kigo
posted at 06:54:32

寒雀けふは頻りに女泣く #jhaiku #fhaiku #haiku
posted at 06:59:19

@biwaprancer おはありございます。昨日の新聞も今朝の新聞も一気に流し読みした朝です。
posted at 08:01:19

哀悼。全ての生者と死者のために。「苦しみ嘆いている他者と共に、悲しんでいる他者と寄り添って悲しむ人々は幸いである。その人たちは慰められる。」と聖書にあるそうな。人の悲しみを我が悲しみと出来る者は幸いである。
posted at 21:19:16

|

« いつか伊豆山稜線歩道を歩こう | トップページ | エレガントvsワイルド »

「哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いつか伊豆山稜線歩道を歩こう | トップページ | エレガントvsワイルド »