« ラフマニノフとエリザベス | トップページ | ファイブ・タンゴ・センセーションズ »

2012年1月23日 (月)

なぜ人間になれたのか

NHKスペシャル「ヒューマン なぜ人間になれたのか」第一回を見ただけで、(聡明なる俺は)全体ストーリーが見えてしまった。

二足歩行→骨盤が縦長化→産道が狭くなり、ひとりでは出産困難→助け合いが人間の本質化。このように、助け合いが人間の本性なのに、農業経済→階級発生/貨幣経済→奪い合いの経済というストーリーだろう、多分。

貨幣の物神化を止揚せよ、時代は分かち合いの経済=スマートコミュニズムへなどとキャッチを作ってみたが、はてさて如何に。ちなみに、下のような言葉を記した本があるようだ。

本書冒頭の言葉を引用しよう。
 「本書は単なる希望の書ではない。むしろ失望の書である。幸福は『分かち合う』ものである。『分かち合う』べき幸福を『奪い合う』ものだとされている日本社会への失望である。現在の危機は『分かち合い』を『奪い合い』とされていることから生じている。『奪い合い』を『分かち合い』に。そうした行動を求める能動的希望の書が、本書である。」

「分かち合い」の経済学 (岩波新書) 「分かち合い」の経済学 (岩波新書)
神野 直彦

人間回復の経済学 (岩波新書) 新・現代思想講義 ナショナリズムは悪なのか (NHK出版新書 361) 財政のしくみがわかる本 (岩波ジュニア新書) あなた自身の社会―スウェーデンの中学教科書 地域再生の経済学―豊かさを問い直す (中公新書)

by G-Tools

2012年01月22日(日)

@doyoubi は23234日生きた。人生あと6766日しかない。今日は有意義だったか? #30thou http://t.co/zqTPeoUK
posted at 00:21:54

大寒のお湯や私はただの河馬 #jhaiku #fhaiku #haiku #kigo
posted at 08:01:50

BSシネマ「ラフマニノフ ある愛の調べ」 - NAVER まとめ http://t.co/W68Zzgzz主人公ラフマニノフの内面にまで迫り得たかどうか判断し難いが、数々のエピソードが散りばめられているので映画を観た後もそれらを噛み締めながら彼の音楽を聴けば一層美味しくなるのだ。
posted at 08:12:27

ラフマニノフ ある愛の調べ [DVD] ラフマニノフ ある愛の調べ [DVD]

愛の調べ [DVD] FRT-259 マーラー 君に捧げるアダージョ コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD] 別れの曲 [DVD] 未完成交響楽 [DVD] 楽聖ショパン [DVD] FRT-135

by G-Tools

BSシネマ「エリザベス:ゴールデン・エイジ」2007年 - NAVER まとめ http://t.co/qP4NpbbO恋愛あり悲劇あり活劇ありとバランスよくまとめられた作品。ヴェルディ「ドン・カルロ」国王フィリッポ2世が敵役となっている。鑑賞終了したが、後々のためにDVD保存。
posted at 08:22:36

エリザベス:ゴールデン・エイジ 【VALUE PRICE 1800円】 [DVD] エリザベス:ゴールデン・エイジ 【VALUE PRICE 1800円】 [DVD]

エリザベス 【Blu-ray ベスト・ライブラリー100】 ROME [ローマ] 〈前編〉 [DVD] ROME [ローマ] 〈後編〉 [DVD] エリザベス [DVD] クロムウェル [DVD]

by G-Tools

2012年01月21日を普通に過ごした。"「ラフマニノフ ある愛の調べ」男にとって女は永遠の母性なり。今日も車でプール83.8。千歳屋、お箸カフェ、COOP。二宮レッスン/音程を..." http://t.co/zqTPeoUK #30thou
posted at 08:45:56

地下鉄の客皆無言冬深し #jhaiku #fhaiku #haiku #kigo
posted at 18:28:36

スラットキンN響×ケラス - NAVER まとめ http://t.co/kBJgsrFN録音鑑賞。ルトスワフスキ初体験、とっつきにくくはないが一回聴いただけでは何も言えない。DSCH10番は軽すぎる、ムラヴィンスキー名演を思い出した。スラットキンは28日渋谷人民席悲愴予定。
posted at 19:01:43

Chameleon - Vox One - A Cappella Jazz: http://t.co/WhHnTe0R @youtubeさんからposted at 19:14:31

|

« ラフマニノフとエリザベス | トップページ | ファイブ・タンゴ・センセーションズ »

「哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラフマニノフとエリザベス | トップページ | ファイブ・タンゴ・センセーションズ »