« 「武士道」研究なう | トップページ | 新宿でハバネラ合唱 »

2012年2月 4日 (土)

道楽こそ人生

傑作映画「切腹」小林正樹1962を見ながら武士道思案。武士道の根本を忠義から名誉に格上げして普遍化できたのかなあ。名誉というても所詮は世間レベルの事柄、他人からどう見られているかなどと他人本位のこと、世間体ではないか。普遍性は世間にはない、魂にあるのになあ。

 人生=世間(損得、好き嫌い、理非、善悪)+魂(苦楽、美醜、虚実)

と得意の人生方程式を思い浮かべた所で閃いた。あ、名誉は世間レベルではなく魂レベルではないか。損得も好き嫌いも理非も善悪も超越して武士は名誉に生きる(武士は食わねど高楊枝)。魂、ことに美醜こそが名誉に直結しているではないか。

そう考えると、武士道とて決して古臭くはない。人はパンのみにて生くるに非ず。何がしかのことを我が美意識の根源として生きているのだから、俺が「悦楽こそ人生」としているのと同じ地平で「名誉こそ人生」なのだ。人に褒められようと腐されようと名誉は自分自身が自分に授けるものなのだから。

ところが、傑作映画「切腹」。貧窮、妻子の病という生活苦に直面して若き浪人(石浜明)は心ならずも「大名家の玄関先を借りて切腹したい」とゆすりたかり行為に走ってしまい、不本意の自死を遂げざるを得なかった。石浜明の舅、仲代達矢は人生に希望を失い復讐的自爆行為(婿と同様「玄関先を借りて切腹したい」)に出るという物語。

映画のメッセージは建前化世間体化してしまっている大名、家臣の武士道批判なのだが、さて、俺の魂(「悦楽こそ人生」)は建前化世間体化するリスクはないだろうか。大丈夫だよ、俺の魂(道楽)は名誉(美醜)などという不安定なものではなく苦楽、虚実にしっかりと根ざしているのだからと取り敢えずは納得しておこう。

道楽こそ人生、美しい生き方などと思うなよ夢。

2012年02月03日(金)

@doyoubi は23246日生きた。人生あと6754日しかない。今日は有意義だったか? #30thou http://t.co/zqTPeoUK
posted at 00:21:33

2012年02月02日を普通に過ごした。"「蝶々夫人は悲劇ではない」岡村喬生/誇りを守るために自死するなんてやっぱり悲劇だよ。「たけし×コバケン」コバケンの指揮は腰は低い..." http://t.co/zqTPeoUK #30thou
posted at 05:42:01

たけしアート☆ビート「小林研一郎」 - NAVER まとめ http://t.co/EXSmDjr6前半/リハでのコバケン上方商人指揮(低い腰でしっかり儲けるとたけし形容)は面白かったが、後半たけしの座頭市指揮は感じなかった/俺の感性がたけしと合わないからだろう、多分。posted at 05:49:18

小林研一郎とオーケストラへ行こう (旬報社まんぼうシリーズ) 小林研一郎とオーケストラへ行こう (旬報社まんぼうシリーズ)
小林 研一郎

コバケンのアンコール・ピース 「マエストロ、それは、ムリですよ・・・」 -飯森範親と山形交響楽団の挑戦- わが祖国 [DVD] 僕はいかにして指揮者になったのか (新潮文庫) チャイコフスキー:交響曲第5番

by G-Tools

@biwaprancer BSが放映したかつてのソ連映画「戦争と平和」全四部作をダビングした朝です。在庫多量のため、鑑賞できるのは三ヶ月先かも。
posted at 08:06:00

鬼やらひ獅子身中の仇敵め #jhaiku #fhaiku #haiku #kigo
posted at 08:11:09

寒卵あなたに逢へぬ身のひとつ 霜柱昔級長今平民 鬼やらひ道楽息子ご帰還す
jhaiku #fhaiku #haiku #kigo 唐木田徒歩帰りは電車徒歩/ミュンシュ幻想なかなか激し、スクリャービンP協奏曲初聴き
posted at 10:46:50

家族編~「安城家の舞踏会」吉村公三郎1947 - NAVER まとめ http://t.co/FTgqdYRQ http://t.co/FTgqdYRQ滝沢修×原節子よこっちょに森雅之を鑑賞する作品だが、不自然な展開と大仰な演技に若干気分が滅入った。
posted at 19:11:18

|

« 「武士道」研究なう | トップページ | 新宿でハバネラ合唱 »

「哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「武士道」研究なう | トップページ | 新宿でハバネラ合唱 »