« 明日の句会準備 | トップページ | ヴェルディ「レクイエム」バレンボイム@ミラノ・スカラ座管弦楽団 »

2012年3月 1日 (木)

民間事故調って何?

「【原発民間事故調報告書】しがらみなし 官邸や東電の責任ばっさり 当事者責任に深く踏み込む」報告を出した民間事故調って何だろう?と(視聴率狙いもあって)NAVERまとめ。期待した程は視聴率を稼げなかったがそこそこなのでよしとしよう。

2012年02月29日(水)

@doyoubi は23272日生きた。人生あと6728日しかない。今日は有意義だったか? #30thou http://t.co/zqTPeoUK
posted at 00:19:36

ニュウニュウ×佐渡裕@兵庫芸術文化センター管弦楽団 - NAVER まとめ http://t.co/Lk8QmRSd ニュウニュウ、無表情に過ぎるのでミーハーな俺は萌えない。もうちよっと色気が欲しいなあ。オケは新鮮、佐渡裕は好き好きだろうなあ。
posted at 04:07:00

2012年02月28日を普通に過ごした。"浜松ジャズ/上原ひろみGood。Shin復習録音編集。イトーヨーカドー、近くのレストラン。パソボラ終了後せいせき8Fでワルター未完成。柿..." http://t.co/zqTPeoUK #30thou
posted at 04:18:35

ルガンスキー×デュトワN響/バルトークオケコン他 - NAVER まとめ http://t.co/VoBtnqZx ルガンスキー、真摯冷静カッコイイ。苦手バルトークの中で唯一若い頃から聴いてる不思議な魅力の作品。デュトワN響は熱い演奏だが、冷たく機械的な演奏も面白い不思議な曲。
posted at 05:38:12

バルトーク:管弦楽のための協奏曲/弦、打、チェレスタのための音楽 バルトーク:管弦楽のための協奏曲/弦、打、チェレスタのための音楽
バルトーク サイトウ・キネン・オーケストラ 小澤征爾

チャイコフスキー:弦楽セレナード/モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジー バルトーク:管弦楽のための協奏曲 NO.276 バルトーク/管弦楽のための協奏曲 マーラー:交響曲第4番 ガーシュウィン:ピアノ協奏曲 ヘ調

by G-Tools

福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)って何? - NAVER まとめ http://t.co/OOAydA10 報告書内容ばかりが取り上げられてるけど、いったいどんな組織なのか?金の出所はどこなのか?教えておくれ。そうでないとアメリカの犬だと勘ぐってしまうぞ。
posted at 08:19:59

一般財団法人日本再建イニシアティブのフェイスブックはhttp://t.co/F4JhbCcX
posted at 08:24:24

@biwaprancer おはありございます。#jhaiku #fhaiku #haiku 閉ぢこもりテレビ悦楽春の雪posted at 08:29:16

政府要人インタビュー凄いです、一方、東電は聞き取り拒否されてたとのこと。なんか片手落ちみたいな気がしてなりません。貴団体のお金の出所も気になります。 RT @minkanjikocho: 当財団は非営利で運営しておりますことから、今回の報告書は非売品として限定部数作成致しました。
posted at 08:41:44

「判明したAIJの94取引先と委託残高一覧」http://t.co/KtuQy77M わっ、55.6億円もあるではないか!! ヤケ酒だ
posted at 08:53:27

多摩ニュータウン体感積雪10cm。徒歩5分程度のスーパーまで長靴履いて買い出し。以降完璧に雪籠りの一日ならむ。#jhaiku #fhaiku #haiku 良きことも悪しきも包む春の雪posted at 11:13:37

BSシネマ アカデミー受賞作品特集「不都合な真実」 - NAVER まとめ http://t.co/dcYoZMFi プレゼンばかり目に付いてしまいちゃんと鑑賞できず。不都合な真実ありや春の雪
posted at 15:43:36

福島原発事故独立検証委員会 調査・検証報告書 | Discover21 価格:税込み 1,575円 http://t.co/6oIjtTu6 当初からのビジネスモデルだったのか、それとも、評判が予想外によかったので「緊急出版」なのか、気になるところではある。
posted at 21:09:24

|

« 明日の句会準備 | トップページ | ヴェルディ「レクイエム」バレンボイム@ミラノ・スカラ座管弦楽団 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日の句会準備 | トップページ | ヴェルディ「レクイエム」バレンボイム@ミラノ・スカラ座管弦楽団 »