« ありどおろ座ガラコンサート | トップページ | 井上陽水 / 花の首飾り »

2012年3月27日 (火)

目的(自己表出)と手段(指示表出)

Photo

テレビとNAVER予習のお陰で吉本隆明を理解してもた。

言語と共に俺は自己表出し、自然と交通し変容する。それがエロスさ。だから、エロスより出でてエロスに環り来む意味を求めてめぐりし後に。

昔、「わが転向」読書感想文/吉本コテンパン批判をパソコン通信にアップしてスカッとした記憶あり(内容全く忘れたけれど)。そして、今回、吉本の肉声と表情と風貌に接しながら、この人、亡父と同い年だったと気づいた。

 春の川父の泥靴履いてゆく

わが「転向」 (文春文庫) わが「転向」 (文春文庫)
吉本 隆明

言葉からの触手 (河出文庫) 夜と女と毛沢東 (光文社文庫) 最後の親鸞 (ちくま学芸文庫) 読書の方法―なにをどう読むか (光文社文庫) こころから言葉へ

by G-Tools

2012年03月26日(月)

@doyoubi は23298日生きた。人生あと6702日しかない。今日は有意義だったか? #30thou http://t.co/zqTPeoUK
posted at 00:18:03

2012年03月25日を普通に過ごした。"「小澤征爾さんと音楽で語った日~チェリスト・宮田大・25歳」水戸室内管弦楽団公演/小澤休演の舞台裏等面白かった。多摩市合唱祭打ち合..." http://t.co/zqTPeoUK #30thou
posted at 06:36:53

小澤征爾さんと音楽で語った日~チェリスト・宮田大・25歳 - NAVER まとめ http://t.co/fwNzrr7Y 貴公子風貌の優しい王子、宮田大に小澤は「もっと下品に」「音楽バカになれ」と指導する。水戸室内管弦楽団と小澤征爾と宮田大の物語、ハイドンVcコンに感じたぞ。
posted at 08:18:59

@biwaprancer おはありございます。プールから帰宅、漫然と「平清盛」見ている昼です。posted at 11:24:36

人が来て人また去れり春うらら #jhaiku #fhaiku #haiku
posted at 15:41:05

I just entered to win an iPad 2 being given away by @shoemoney to enter: http://t.co/HBKtW49Y
posted at 16:57:17

Reading: http://t.co/TgSIZ8vp
posted at 16:57:17

吉本隆明「芸術言語論」 - NAVER まとめ http://t.co/08nV8cNh 指示表出は使用価値、自己表出は交換価値というアナロジーが一番わかりやすいかも。但し、交換価値は無限永久交換に耐えられるものであらねばならない。つまり、自己表出とは永遠の絶対性なのだ、おお神よ
posted at 18:21:17

定本 言語にとって美とはなにか〈1〉 (角川ソフィア文庫) 定本 言語にとって美とはなにか〈1〉 (角川ソフィア文庫)
吉本 隆明

ひきこもれ―ひとりの時間をもつということ (だいわ文庫) 最後の親鸞 (ちくま学芸文庫) マチウ書試論・転向論 (講談社文芸文庫) 読書の方法―なにをどう読むか (光文社文庫) カール・マルクス (光文社文庫)

by G-Tools

|

« ありどおろ座ガラコンサート | トップページ | 井上陽水 / 花の首飾り »

「哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ありどおろ座ガラコンサート | トップページ | 井上陽水 / 花の首飾り »