« 仏像の見方、音楽の聴き方 | トップページ | 春の風邪午睡愉しむ日帰り湯 »

2012年4月14日 (土)

スカイツリー明日は明るき桜かな

スカイツリー明日は明るき桜かな
スカイツリー明日は明るき桜かな posted by (C)土曜日

隅田公園~千鳥ヶ淵の散り始めを楽しんで代々木上原MUSICASAムジカーザ。ホールというよりスタジオの雰囲気/1階84 席。ラボ・エクセルシオ新章Ⅰの曲目は

18時30分より西村朗氏によるプレトーク

スカルソープ 弦楽四重奏曲 第8番
西村 朗 弦楽四重奏曲 第4番
<ヌルシンハ(人獅子)>
バルトーク 弦楽四重奏曲 第4番

西村作品は凄かった/試演会より速かったし音色もしゃがれていてストラッグルそのもの。このストラッグルありてこそ第二Vnの救いのテーマが生きるというもの。

聴きながら妄想雑念原発。夢の原子力がこのような事態を惹起するなんて。音楽は時代を先取り予感させるものかもしれない。YouTubeで西村弦楽四重奏、別の作品を見つけたので参考までに貼っておく。

ヴィシュヌの化身…高橋アキ・プレイズ西村 ヴィシュヌの化身…高橋アキ・プレイズ西村
西村朗作品集6(2S)

西村朗 ヴィシュヌの化身 (Zen-on piano library) 西村朗:オパール光のソナタ

by G-Tools

2012年04月13日(金)

@doyoubi は23316日生きた。人生あと6684日しかない。今日は有意義だったか? #30thou http://t.co/zqTPeoUK
posted at 00:17:39

2012年04月12日を有意義に過ごした。"ウェルザー=メスト「こうもり」所詮ブルジョアのお遊びなどとは思うまい。エク予習スカルソープ、バルトークゆうとり。大阪から電話あっ..." http://t.co/zqTPeoUK #30thou
posted at 04:13:54

日本美築いた仏(2)「奈良・新薬師寺“十二神将立像”」 - NAVER まとめ http://t.co/ARKwp4eq 菩薩様観音様は美しいと思うけど、十二神将はなあ、怒りと美とはそぐわないのでは。とはいえ、仏像の見方のコツが妄想にあると知ったのは収穫。妄想雑念の毎日よ。
posted at 05:38:00

プレミアムシネマ「決断の3時10分」 - NAVER まとめ http://t.co/jmVjv9Mj 異色西部劇だけれど地味。こういうテーマに感動するには俺は歳をとりすぎた。
posted at 06:21:38

@biwaprancer おはありございます。夜の室内楽のついでに昼の桜を見に行く朝です。posted at 08:04:33

春花火掛け声のみで落ちにけり #jhaiku #fhaiku #haiku
posted at 08:29:03

尻拭きし新聞紙や啄木忌 #jhaiku #fhaiku #haiku #kigo 「便所より青空見えて啄木忌」「寺山修司
posted at 09:01:10

「社会保障の効率化が先か増税か」鈴木、田近両氏が激論 - http://t.co/5AZ1pkFc 「社会保険方式の国は基本的に税金を入れないが、日本は異常で、基礎年金の5割を国が負担している。高齢者ならどんな金持ちでも5割を税金で負担してもらっており、こんなばかな話はない」
posted at 09:11:14

|

« 仏像の見方、音楽の聴き方 | トップページ | 春の風邪午睡愉しむ日帰り湯 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

初めまして〜ゲルバー夫人と申します。

ある方のブログの中に昨年来日時のゲルバーの年齢的な衰えやミスの多さ、身体的な等の演奏(音楽性)とはかけ離れた部分を集中的に指摘されたものがあり、それに対して『そんなことはどうでもよい・全身全霊音楽』という書き込みを拝見し、嬉しくて堪らない気持ちをお礼を申し上げたくてお邪魔いたしました。

本当に有り難うございます〜心からお礼を申し上げます。

ゲルバー氏が『私自身が音楽だから』とおっしゃった事があり、彼の音楽を通じてそれを感じ取ってくださっていると思いました。

たしかに昨年のツァーは出来不出来の差が明確であり(全公演を聴きました)、ご本人も充分解っていらしてイライラされる事もあったようです。
松本での主催者の方も『ゲルバーの音楽を聴きたくて来る方、ゲルバーの音楽が好きな方に聴いてもらえたら満足なのでは(ゲルバーが)ないでしょうか?』と仰っていました。

好調な時も不調な時もゲルバー氏を見守っていきたいと思いましす。

長々と失礼いたしました。

投稿: ゲルバー夫人 | 2012年4月24日 (火) 午前 11時57分

コメントありがとうございます。お陰でFM録音を聴きながら歩いたあの朝を思い出しました。「月光」、凄い演奏でした。テクニック云々も大事だけれど音楽の最後は魂。そして、聴き手にとっては魂であり出会いです。もう一度、聴いて同じように感動するかどうか(いいかげんな聴き手の私には)はなはだ疑問ですが、また出会いたいものです。http://matome.naver.jp/odai/2132627358531721201

投稿: 土曜日 | 2012年4月26日 (木) 午前 05時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仏像の見方、音楽の聴き方 | トップページ | 春の風邪午睡愉しむ日帰り湯 »