« 明日の句会準備 | トップページ | 渋谷N響人民席のついでに »

2012年5月17日 (木)

ユーロを救うのは中国か?

相撲はビデオ早回して済んだら日本ハム戦。今度はFM録音再生しながら眼はテレビ、合間にツィッター眺めていたら

ギリシャのユーロ離脱はない - EUは緊縮策を緩和する

根拠は
①ユーロ離脱はユーロにとっても損失(巨額のギリシャ向け融資が焦げ付いて不良債権化)
②欧州の政治状況の潮目の転換(新自由主義→社会民主主義ないし左翼)
③ギリシャをユーロから離脱させても問題は解決しない(ギリシャをEUから離脱させたとしても、スペインの失業率が改善されるわけでもなく、税収が増えるわけでもない。イタリアも同様)。

なるほどなあ、では、どうするの?と続きを読んだら

私は、ギリシャがユーロ圏に滞りながら緊縮策を緩和し、破綻を免れる方策はあると考えていて、それは、政権を握ったツィプラスが中国カードを切り、ギリシャとEUとの交渉のテーブルに「利害を持つ有力な第三者」の中国を介在させることだ。再選挙で勝利した翌日に北京に飛ぶことである。

ふーん?中国に金を欧州に注ぎ込むメリットはあるだろうか?と考えこんだけど、①中国経済にとっても欧州がこけるのはヤバイし②欧州に恩を売っておけば政治的に得(チベット、ウイグル問題に口を出すな、人権につべこべ言うな)とメリットはありそう。つまりは、欧州情勢をめぐっての金のある中国と金は無いけど軍事力はあるアメリカとの綱引きということだ。

そこで日本。日本には金も無いし軍事力も政治力も乏しいもんなあと思考停止してもたわ。

2012年05月16日(水)

@doyoubi は23349日生きた。人生あと6651日しかない。今日は有意義だったか? #30thou http://t.co/zqTPeoUK
posted at 00:19:02

2012年05月15日を普通に過ごした。"ロ短調ミサ@アーノンクールNHK音楽祭/CDで聴いた記憶よりかなり穏やかな演奏、心に沁みるには俺の教養が足らぬ。Shin練習復習。昼食後..." http://t.co/zqTPeoUK #30thou
posted at 05:39:15

ロ短調ミサ@アーノンクール×ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス/BS - NAVER まとめ http://t.co/dS0tkxEa NHK音楽祭2010、久しぶりに謹聴。CDよりはぐっと穏やかになってるような気がする。感動に至るには俺の教養と修練が足らぬ。
posted at 05:44:27

@biwaprancer おはありございます。明日の句会、駄句かつ数が足りない朝です。
posted at 06:59:02

NHK・クローズアップ現代「シリーズ沖縄復帰40年②“基地と金”の深層」書き起こし・ほぼ完全版 #nhk http://t.co/KaOM1c7e 「国が沖縄に投じた復興予算は総額10兆円」しかし「国からもたらされる金への依存が深まり、自立に向けた確かな展望は開けていません」。
posted at 07:16:06

三枝「私の履歴書」今日は「初高座、さっぱりうけず 実らなかった はかない恋」相手は三枝に憧れて関大に入学したという女性「長身の、目元の涼しい女性で詩が好き、きれいな字で書いた手紙を」くれたとのこと。しかし、病身で入院、見舞いで訪ねたのが最後となった(亡くなったのだろうか?)。
posted at 07:47:12

@gamonoriko 与謝野晶子でしたか、がもうのりこさんのお歌だと思ってました。て゜も、いい歌ですね。我が歌の泉は涸れて凡作をころがし遊ぶ夏の夕暮れ
posted at 17:11:41

バーンスタイン 交響曲第1番「エレミア」 スラトキン指揮 http://t.co/HszaHJWM 金曜日の広上N響に向けて予習2回目/ショスタコを思わせる第一楽章、ジャズのリズムらしき第二楽章、そして哀歌終楽章。もう二回ぐらい予習して渋谷人民席へ。
posted at 17:24:09

昆ちゃんが真面目に観てる夏相撲 #jhaiku #fhaiku #haiku 録画&追っかけ観戦夏場所、妙義龍×安美錦なう。妙義龍は俺の郷里加古川の隣町高砂出身。勝ったぜよ、拍手。posted at 17:56:09

「馬鹿まるだし」山田洋次1964年 - NAVER まとめ http://t.co/18LVUu8D 役者ハナ肇の魅力を山田洋次が引き出した作品/久しぶりの鑑賞。展開が荒削りだが寅さんの元型がここにはある。「霧の旗」「吹けば飛ぶよな男だが」等を経て「男はつらいよ」に到達するのだ。
posted at 20:09:15

|

« 明日の句会準備 | トップページ | 渋谷N響人民席のついでに »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日の句会準備 | トップページ | 渋谷N響人民席のついでに »