« 「国民の生活が第一」のキーマンは | トップページ | 眼に相撲耳に音楽夏の夕聖徳太子にあやかりて我 »

2012年7月12日 (木)

藤田嗣治「サイパン玉砕」

Photo

この絵は一見、戦争の悲惨を描いた反戦絵画と見えるかもしれない。しかし、そうではなく、昭和20年4月(東京大空襲の一ヶ月後)に一般公開された際には、玉砕した人々を雄々しく美しく描いたものとして戦意高揚に資したそうだ(そうでなくては、軍部が公開を許す筈がない)。

サイパン玉砕に立ち会っていないフジタはこの絵を新聞記事(米誌タイムを引用してまで自決した女性たちを賛美した)と想像力、そして泰西名画(ドラクロワ「民衆を導く自由の女神」など。ポーズの類似性を指摘する記事参照)を参考にして描いた。さすがの筆力だ。

そして、敗戦後、フジタは戦争協力者と攻撃され、祖国を去り日本国籍も捨てる。

だが、この絵を戦争協力画、戦意高揚作品として切り捨てていいだろうか。百年後か何百年か分からぬがこの絵は歴史の中に正当に位置づけられるように思う。それだけの力がこの絵にはある。

以上、極上美の饗宴「藤田嗣治 究極の戦争画」を観ての感想。やはりこの作品には、激しく人の心を打つ何かが感じられる。そしてもし、それを言葉で表すとしたら「死にゆく人々の哀しみ」という一言になるのだろうから絵を拝借した。

藤田嗣治「異邦人」の生涯 (講談社文庫) 藤田嗣治「異邦人」の生涯 (講談社文庫)
近藤 史人

藤田嗣治画文集 「猫の本」 藤田嗣治手しごとの家 (集英社新書ヴィジュアル版) 腕一本・巴里の横顔 (講談社文芸文庫) 藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色 レオナール・フジタ―私のパリ、私のアトリエ

by G-Tools

2012年07月11日(水)

@doyoubi は23405日生きた。人生あと6595日しかない。今日は有意義だったか? #30thou http://t.co/zqTKGOTQ
posted at 00:19:43

2012年07月10日を普通に過ごした。"ヴィヴァルディ@ストラヴァンツァ東京/バッハとの関係や如何。往診点滴。「スウィングガールズ」矢口史靖/セリフ聞き取りにくいマンガ..." http://t.co/zqTKGOTQ #30thou
posted at 05:29:40

@biwaprancer おはありございます。萩原麻未のピアノを聽いている朝です。http://t.co/jL3afxEB
posted at 07:08:40

合唱団練習場所取り/コミセン往復1時間強、汗だくにはなるが未だ風に爽やかさを感じる。#jhaiku #fhaiku #haiku #kigo 若者に負けじ早足汗を拭く
posted at 10:21:40

相撲録画追っかけしようとして録画予約していなかったのに気づいたので予約セット、テレビはライブで小沢新党関連/TBSのみ、他局はパンダ死亡の件。パソコンは今から名曲探偵ダビング。テレビとパソコン活用して暇人時間管理充実。#jhaiku いくつまで生きられるやら夕焼くる
posted at 17:07:28

「民主党でいじめられた」~敗軍の将、兵を語るDigital版 http://t.co/Uae6pbG1 姫井由美子なんて名前とっくに忘れていたが思い出した。恨み節は票に結びつかないと思うよ「虎退治姫」。
posted at 17:55:07

|

« 「国民の生活が第一」のキーマンは | トップページ | 眼に相撲耳に音楽夏の夕聖徳太子にあやかりて我 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「国民の生活が第一」のキーマンは | トップページ | 眼に相撲耳に音楽夏の夕聖徳太子にあやかりて我 »