« カルメンは何故死んだのか | トップページ | 音楽とアート »

2013年1月14日 (月)

楽しむは映画の余白女正月

テレ朝放映録画鑑賞。善意で優しい映画だなあ(偽善とまでは言わないが)との所感だったが、噛み締め反芻してなかなかの名画かも。というのは、

いかにも胡散臭そうな鶴瓶、実ははアホのフリして姉、小百合に甘えたり拗ねたりして一生を終えた。小百合もそんな甘えん坊にしてしまった姉としての責任を感じつつも夫に先立たれた淋しさを弟の面倒を見ることによって埋めていたのだった。山田洋次「おとうと」が描かなかった余白。

などと余白を妄想してしまったからだ。映画もオペラ(カルメンは何故死んだのか)もそして人生も余白、余韻が一番美味しいのかもしれない。

おとうと <通常版> [DVD] おとうと <通常版> [DVD]

母べえ 通常版 [DVD] ディア・ドクター [DVD] まぼろしの邪馬台国 [DVD] わが母の記 [DVD] RAILWAYS [レイルウェイズ] [DVD]

by G-Tools

2013年01月13日(日)

@doyoubi は23591日生きた。人生あと6409日しかない。今日は有意義だったか? #30thou http://t.co/zqTKGOTQ
posted at 00:21:01

@SS88piano エールを有難うございます。昨日・今日・明日と3日連続稽古です。暗譜は未だ途上ですが年末放送スカラ座「カルメン」のお陰でなんとか仕上げられそうです。これも天の配剤、カウフ満点のお陰です。
posted at 04:29:41

2013年01月12日を普通に過ごした。"ららら去年の日本音楽コンクール/まずは集中力、これが演奏の基本。南大沢カルメン/狭い音楽室での稽古、譜面開かずトライ、ホセを殴る..." http://t.co/zqTKGOTQ #30thou
posted at 04:43:14

RT @nail_sweet: 案の定、昨日のジンマンとN響のマーラーはネットでは散々な評価。皆さん、厳しい鑑賞眼とマーラー観をもっていて、こういう人たちの「評価」がオケの演奏能力を上げていくのだろうと思う。私はそういうのは耳の肥えた人たちにお任せして面白がる聴き方をしたいと思う。万年素人。 #fb
posted at 04:45:12

RT @daimeiofficial: 明日1/13(日)あさ9時「題名のない音楽会」はイタリア・ミラノから、今年生誕200年を迎える作曲家ヴェルディが「自分の最高傑作」と謳う老音楽家のための憩いの家を紹介します。なんと80歳のソプラノが奇跡の歌声を披露!お見逃しなく!http://t.co/VESzpFEr
posted at 05:03:19

http://t.co/SlaZvc0i @youtubeさんからBSが年末に放送した「カルメン」フィナーレ/カルメンがホセにナイフを渡して刺殺させるという演出。ラチヴェリシュヴィリは今年4月来日、ビシュコフN響とヴェルレクを歌う予定、楽しみだ。
posted at 06:09:50

@biwaprancer おはありございます。昨日今日明日と3日連続カルメン稽古の朝です。posted at 07:35:07

山田洋次「おとうと」 http://t.co/1bBMkYtp テレ朝放映を録画鑑賞。鶴瓶の内面を描いて欲しかったなあ、善意の人たちの優しい映画で終わらせて貰っては困るよ、山田クン。放送でだいぶカットされてるような気もする、いつかNHK放映期待。
posted at 16:58:24

Leonard Bernstein: Sinfonia No.2 "The Age of Anxiety"(1947/1949): http://t.co/5WkKMxjs @yout アクセルロッドN響1/27渋谷人民席予定。
posted at 17:27:28


|

« カルメンは何故死んだのか | トップページ | 音楽とアート »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カルメンは何故死んだのか | トップページ | 音楽とアート »