« 音楽とアート | トップページ | 食べくらべ 四大かにめし »

2013年1月16日 (水)

山田耕筰「明治頌歌」

吉田秀和氏の解説で長年親しまれた『名曲のたのしみ』に代わり、熱心な音楽ファンや、長年の愛好家の期待に応える、新たなクラシック音楽番組『クラシックの迷宮』が1月12日(土)後9:00からスタートしたが。その一回目で放送された山田耕筰「明治頌歌」という曲が面白かった。

1921年に作曲され5月1日に初演された後、山田耕筰の代表作としてベルリン、ロンドン、モスクワなどでも演奏され、1937年には作曲者自身の指揮で ベルリン・フィルとの録音も残した。西洋音楽と日本の伝統音楽との融合という、現在でもよく聞かれるコンセプトを山田耕筰は早くから提唱し、自作において 様々な試みを行っていたが、この作品ではオーケストラに初めて和楽器の篳篥をフィーチャーしたほか、サウンドにおいても様々な趣向を凝らしている。

結構、モダンな響きがしてなかなかの曲だ。西洋音楽もいいけれど日本の曲もどしどし放送してほしい。冬深し日本の迷宮たどり行く

山田耕筰:長唄交響曲「鶴亀」/交響曲「明治頌歌」/舞踊交響曲「マグダラのマリア」 山田耕筰:長唄交響曲「鶴亀」/交響曲「明治頌歌」/舞踊交響曲「マグダラのマリア」
山田耕筰

山田耕筰:序曲ニ長調/交響曲ヘ長調「かちどきと平和」/交響詩「暗い扉」/交響詩「曼陀羅の華」 橋本國彦:交響曲第2番/三つの和讃/感傷的諧謔 橋本國彦:交響曲第1番/交響組曲「天女と漁夫」 諸井三郎:交響曲 第3番・交響的二楽章他 松村禎三:交響曲第1番/第2番/ゲッセマネの夜に

by G-Tools

2013年01月15日(火)

@doyoubi は23593日生きた。人生あと6407日しかない。今日は有意義だったか? #30thou http://t.co/zqTKGOTQ

posted at 00:20:54

2013年01月14日を普通に過ごした。"クリークPコン@アリス紗良オット×マゼールN響/裸足のアリス、美貌とその表情から音楽以外のエロスも立ち上がる。南大沢カルメン/裏..." http://t.co/zqTKGOTQ #30thou
posted at 04:39:50

音楽とアート(総合アドバイザー坂本龍一)@東京都現代美術館 平成24年10月27日(土) ~ 平成25年2月3日(日) http://t.co/D7w3XCzv Eテレ「日曜美術館」で知った面白そうな展覧会。
posted at 05:31:34

@sunajopon おっ、どうしましたか。おはあり、結社のご機嫌いかが。
posted at 07:43:46

@biwaprancer おはありございます。通勤の皆様のご苦労を思う雪の朝です。
posted at 07:44:24

日本人は何を考えてきたのか 大本教 http://t.co/o6lixvii 大本教が何故弾圧されたのか結局わからずじまい。天皇親政というスローガンは君側の奸(軍部)にとって邪魔だったということにとりあえずはしておく。
posted at 16:32:06

|

« 音楽とアート | トップページ | 食べくらべ 四大かにめし »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 音楽とアート | トップページ | 食べくらべ 四大かにめし »