« 映画「桜田門外ノ変」佐藤純彌2010年 | トップページ | オーサリングソフトでひと苦労 »

2013年5月18日 (土)

フェドセーエフとコピー機の話

昨日は渋谷人民席でフェドセーエフN響/前半ノリ悪し(帰路、プログラムを見たら初顔合わせ)後半、弦セレで調子よくなり、最後は韃靼人の血が騒いだ、でも穏健な演奏だったが、帰途プログラムを読んでいたらこんな話が載っていたのでコピペ。

ところで、フェドセーエフは人柄もとても温かい人だそうだ。先日、大阪のザ・シンフォニーホールの事業部長を長年務められた林伸光氏(現・兵庫県立芸術文化センター  ゼネラルマネージャー)が、フェドセーエフの演奏会の広告にこん
なエピソードを書いておられた。かつて「ザ・シンフォニーホール国際音楽賞」という賞があったのだが、1988 年度はフェドセーエフにこの賞が贈られることになった。受賞のために大阪にやってきた彼は、「この賞金でオーケストラのためにコピー機を買って帰りたい」と言ったそうである。そのころ、モスクワ放送響の楽員はまだ手書きで写譜を行っていた。当時のコピー機は非常に高価なものだったし、ましてやソ連末期のモスクワでとなるとなおのこと入手は難しく、国家を代表するオーケストラであっても持っていなかったのだ。だから、貴重な来日の機会に、というわけである。

1812年 ロシア管弦楽名曲集 1812年 ロシア管弦楽名曲集
フェドセーエフ(ウラジーミル)

チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」 R.コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」

by G-Tools

2013年05月16日(木)

田園と虫歯削除とロッキー2 plaza.rakuten.co.jp/doyoubidayo/di… 田園@ヤンソンス×バイエルン放響/耳タコの曲だけれどオケ対向配置、美しく愉快な木管を楽しむ、特に終楽章、生きる喜びあり。「美しき水車小屋の娘」クラウス・フロリアン・フォークト/元々はホルン奏者だったそうだ、
posted at 04:44:32

ブラームス3番ソナタ@エリック・シューマンを聴いていたら「ブラームスのもどかしい哀愁」なる言葉が浮かんだ。そうなんだ、ブラームスの味はあの手の届きそうで届かないもどかしさ、そこに人間の悲しみがある。この演奏、そのもどかしさに到っていないような、もちろん、俺の偏見である。
posted at 05:22:30

@biwaprancer おはありございます。昨夜のニュースを観ている朝です。
posted at 06:47:18

RT @terugaki1972: 歴史秘話ヒストリア(石田三成)見終わったなぅ。石田三成の次男の子孫が、彼が生前救った弘前・津軽家の家臣として、今も脈々と続いてたのは知らなかった。敗軍の将として、極悪人と描かれてきた彼の人生が見直されているのが救いだね。
posted at 08:19:02

RT @ooizumimago: NHKの番組で老師の思想を説明してくれていますが、老師の思想って僕のようなクズにはありがたいですね。赤ちゃんで生きろってことは、人に育ててもらえってことだし、無為自然、学問は人生に無用ってのは素晴らしいですね。あらゆる向上心が不要な欲であるってのは素晴らしいと思います。
posted at 08:27:47

RT @ooizumimago: 学を為せば日々に益し、道を為せば日々に損ず。学を絶てば憂いなし。
posted at 08:28:27

100分de名著「老子」:達成感・顕示欲・嫉妬心は余計な付着物。身についた付着物を削ぎ落として「ありのままの自分=生まれたばかりの赤子」になるのが理想=上善如水。柔よく剛を制す、水ほどその威力を発揮するものはない。「役に立たなくてもいいんだあ」とウルッと来たそうだ武内陶子アナ。
posted at 08:40:33

2013年05月17日(金)

安酒をもう一杯や夏相撲 #jhaiku 歯車狂った日馬富士 お得意様相手、肩透かしに屈す/ここ2年負けていない栃煌山に肩透かしを食って2敗目 digital.asahi.com/articles/TKY20… 「相手の体重を受けると、両足首がかなり痛む」という同情に価する事情があるようだが…
posted at 04:47:10

アガペーと桜田門外ノ変と嗚呼日馬富士 plaza.rakuten.co.jp/doyoubidayo/di… ベートーベン連続演奏7番@ヤンソンス×バイエルン放響、2楽章はよかったが終楽章盛り上がりイマイチと勝手なことをBGM鑑賞なのに。句会/お二人欠席なので三人句会寂し、アガペーとエロスの違いについて考
posted at 05:01:30

@biwaprancer おはありございます。昨夜のクロ現を見ている朝です。
posted at 06:53:00

聴楽は脳の洗濯夏兆す #jhaiku 「夏めくと課長上着をぬぎにけり」日野草城
posted at 10:47:15

|

« 映画「桜田門外ノ変」佐藤純彌2010年 | トップページ | オーサリングソフトでひと苦労 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「桜田門外ノ変」佐藤純彌2010年 | トップページ | オーサリングソフトでひと苦労 »