« ロマン派の毒 | トップページ | 少女弾くギター優しき夏至の朝 »

2013年6月19日 (水)

明日の句会準備

妖しき花菖蒲
妖しき花菖蒲 posted by (C)土曜日

堀切菖蒲園という名前は知っていたが行ったことがなかったので昨日思い立って行って来た。京成線堀切菖蒲園から徒歩10分、菖蒲は少ししぼみかけていたがシニア団体が菖蒲をバックに写真、嬌声が上がっていた。

水元公園(ここも初めて。寅さんが第一作で光本幸子とデートした公園)にも花菖蒲があるので(堀切菖蒲園から歩くと2時間以上、金町駅からでも徒歩20分)金町駅からバス利用。こちらはシニア団体もおらず、静かに絵を描く人が何人かいらした。菖蒲もしぼみかけておらず、汗をかきつつ逍遥であった。

◯いつまでも我ら青春花菖蒲
◯緑陰を選んで歩くウォークマン
◯ファミレスで保険の話街薄暑
無私ならず欲深ならず梅雨の闇
◯幸福の色は何色さくらんぼ
◯ウォーキング磨り減りし靴沁みる喜雨

2013年06月18日(火)

「ベルクは本当に感情豊かです。シューベルトやシューマンのようなロマン派と言われる人たちより、内容的にはもっとロマンティックです」加納悦子 www.nikikai21.net/pickup/etsuko_… なかなかそこまでは聴き取れなかったがベルクの歌曲にちょっぴり近づけた思いの歌唱である。
posted at 02:56:10

RT @iamtubist: バロック、古典派も聞かないわけではないのよ。むしろ好き。ロマン派の毒を洗い流してくれるような。しかし毒とわかっていても摂取したくなる気持ちは誰でもわかるはず。ロマン派の魅力はそういうものだと思うし、だからこそ強烈。
posted at 03:25:06

先日、「ロマン派の毒」という言葉を思いついた。ベートーベン以降、音楽は人間の感情や内面をあからさまに表現するものとなったが、時にはその自己肥大ぶりに辟易したりもする(特にマーラー、ショスタコーヴィチ。大好きだけれど)。そんな気分を「ロマン派の毒」という言葉で表したい。
posted at 03:33:13

送料込でもこちらの輸入盤の方が安かった。来週知人宅訪問の手土産にもなるし購入。 ペルト「鏡の中の鏡」バティアシヴィリ+ショスタコVn協奏曲1番 [楽天] a.r10.to/hGJwZk #RakutenIchiba pic.twitter.com/9sqNDFZg78


posted at 04:17:55

ヤンソンスとマレー・ペライアと夏八木勲と天知茂 plaza.rakuten.co.jp/doyoubidayo/di… ベト3、4、5@ヤンソンス×フランクフルト放響、FM録音をウォークマンで再生する際のタグ表示ソフト探索したりしてあんまり謹聴しなかったが、以前のベートーベン全曲演奏の部分的再放送、実直な
posted at 04:57:38

@biwaprancer おはありございます。ブルグミュラーの朝です。
posted at 06:54:10

|

« ロマン派の毒 | トップページ | 少女弾くギター優しき夏至の朝 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。