« 禁酒2日×2回が少々辛いが… | トップページ | 掌の中の美術館 »

2013年8月 7日 (水)

八月や六日九日十五日

句会で先生から教わった句。検索してみると、萩原さんは旧制足利中の教壇に長く立ち、富田中学校で退職した。三十歳代から俳句を始め、同人誌を創刊したり、自ら句集を出版するなどしてきた。現代俳句協会会員でもあり、多くの受賞歴があるという俳人、萩原枯石の句であるが、宇佐第1号掩体壕のある平和公園内に立ち並ぶ句碑の中に、なんと全く同じ俳句があったのだ。作者は尾道市の諫見勝利という方という話もある。

なにはともあれ、八月にはこの句を思い出そう。

 戦争も空襲も知らず夏の空

2013年08月06日(火)

フェドセーエフとバーンスタインとコレルリ plaza.rakuten.co.jp/doyoubidayo/di… フェドセーエフN響、生聴き時と同じくN響のノリがわるいショスタコ1番。前半ノリ悪し(帰路、プログラムを見たら初顔合わせ)後半、弦セレで調子よく
posted at 05:18:05

プール定休、日帰り湯にて休養昼寝しても万歩達成。スーパーをひたすら歩く万歩計メタボ克服長生き目指し pic.twitter.com/80PbrgEMDB


posted at 17:41:06

八月六日広島球場、 吉川晃司会計歌う「イマジン』 pic.twitter.com/eaG3jQMHy2


posted at 20:03:17

|

« 禁酒2日×2回が少々辛いが… | トップページ | 掌の中の美術館 »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 禁酒2日×2回が少々辛いが… | トップページ | 掌の中の美術館 »