« アンネ=ゾフィー・ムターのモーツァルト | トップページ | ローカル路線バス乗り継ぎの旅 »

2013年8月19日 (月)

映画「おくりびと」

NHK BSプレミアムで6月15日(日)放送されたものをようやく観た(スカパーお試しで映画をバンバン録画してその消化が一段落)。納棺師の仕事に見る儀式の静謐厳粛さを、主人公同様に見る方にも納得させなければならない。日本人が誇りとする、(って若い人に言っても分かんないのかな)様式美を示す。そこをクリアしているのが凄いに同感なのだが、ベタな展開無理矢理夫婦の危機しかしハッピーエンドというのがちょっなあと思いつつも、いつか死ぬ自分のために特選名画保存。死んだらまた観てみよう。

おくりびと [DVD] おくりびと [DVD]

納棺夫日記 (文春文庫) 明日の記憶 [DVD] フラガールスタンダード・エディション [DVD] 「おくりびと」オリジナルサウンドトラック 今日のご遺体 女納棺師という仕事 (祥伝社黄金文庫)

by G-Tools

2013年08月18日(日)

モーツァルトVnソナタk380変ホ長調第二楽章の緩やかな哀愁。人生の悲哀の真実をモーツァルトは一見単純な形式美の中に見事に描いていると思うてしもた。Vnソナタを「作曲年代やその作品の様式などをもとにグルーピングして」くれている記事 www.yung.jp/yungdb/op.php?…
posted at 05:05:44

モーツァルトとアンネ=ゾフィー・ムターと「おくりびと」 plaza.rakuten.co.jp/doyoubidayo/di… 知友から借りたアンネ=ゾフィー・ムターのモーツァルト(協奏曲全集とソナタ集)鑑賞なう。協奏曲全集は昼寝BGMに最適、ソナタは謹聴の対象。音が少ない音楽の方が謹聴するべきものかも。
posted at 05:29:40

まずは隣国に謝罪を―オリバー・ストーン氏の日本へのアドバイス - Japan Real Time - WSJ  日本は「ケンカを始めておきながら、その収拾を兄に頼るやんちゃ坊主」だってさ。こんな見方も世界にはある。realtime.wsj.com/japan/2013/08/… @WSJさんから
posted at 08:10:51

ダメ虎が完封リレー三連勝猛暑吹き飛び秋はそこまで   #hanshin pic.twitter.com/b3rIHdvnNd


posted at 10:04:42

RT @sacchiy0608: ラフマニノフ2番はよく振るが転調してハ長調ななるところがたまらん。シベリウス、Rシュトラウス、プロコフィエフ、一柳先生…ここぞという時にハ長調に転調してゾクゾクする作品は数えきれないほどある。吉松隆さんのハ長調を評して「恥ずかしいから気持ちいいんだ!」のセリフをいつも思い出す。
posted at 11:44:37

万歩得て午後は余生の残暑かな #jhaiku プールまでで6200歩、涼しきスーパー徘徊で3800歩。午後は昼寝と映画「おくりびと」所存。
posted at 12:22:45

|

« アンネ=ゾフィー・ムターのモーツァルト | トップページ | ローカル路線バス乗り継ぎの旅 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アンネ=ゾフィー・ムターのモーツァルト | トップページ | ローカル路線バス乗り継ぎの旅 »