« 下剤の一日 | トップページ | 大腸内視鏡無事終了 »

2013年8月12日 (月)

大腸内視鏡検査に備えて謹慎の午後

午前は歩数稼ぎのため駅前グリナード&図書館まで。午後は映画在庫録画消化。

「チャップリンのニューヨークの王様」未見作品ではあったが、思ったよりユルイ。チャップリン最後の主演作ならもっと毒があって欲しかった。

「電車男」今の若者とは接触の機会が殆どないのでこんなものかと想像合点。もっとしっかりしろよ、他人依存はほどほどになどと思わぬではないが、この主人公、アキバオタクであってもちゃんと仕事を持っているようなのでよしとしておく。ハッピーエンドと見せかけて最後に香辛料を一振りしていたので恥を知る映画だったと覚えておこう。

さて、今日は大腸内視鏡。ポリープは無いとは思うが。

2013年08月11日(日)

ベートーベンと茂木大輔と下剤の一日 plaza.rakuten.co.jp/doyoubidayo/di… ベートーベン弦楽四重奏曲第13番変ロ長調OP.130@ベルクSQ、音楽を聴く時も雑念邪念だらけだから、映像がある方が少しでも邪念払い出来る。そしてまた、弦楽四重奏の8本の手の動きを見つめることによ
posted at 05:28:39

グラス 弦楽四重奏曲第3番「MISHIMA」:ポスト・ミニマルの演奏意義 bokunoongaku.blog39.fc2.com/blog-entry-246… 彼の中でミニマルが終わったとされるのが1974年。この弦楽四重奏曲第3番は、最もミニマルらしい時期からは少し遅れた1985年の作品。
posted at 05:44:28

また裏目…虎将、九回迷タクトでまさかの「0」 - SANSPO.COM www.sanspo.com/baseball/news/… @sanspocomさんから
posted at 11:18:44

|

« 下剤の一日 | トップページ | 大腸内視鏡無事終了 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 下剤の一日 | トップページ | 大腸内視鏡無事終了 »