« 「かぞくのくに」ヤン・ヨンヒ監督 | トップページ | 昨日今日さすが疲れし春の雪 »

2014年2月13日 (木)

100分de名著「愛するということ」フロム第二回

100分de名著「愛するということ」フロム第二回

孤独から逃れる手段。
・祝祭的興奮状態(快楽と一体化)
・集団への同調(自我が消える、集団と一体化)
・創造的活動(素材と一体化)
さらに今なら、SNSとか。 しかし、全ては一時的なものでしかない。

というのが面白かったが、一時的でなくするためには真実の「愛」が必要というのが今回の結論というのは、愛=執着なる仏教の教えに毒されている俺はすんなり納得出来なかった。

検索して

「成熟した愛は、自分の全体性と個性を保ったままでの結合である。〔中略〕愛によって、人は孤独感・孤立感を克服するが、依然として自分自身のままであり、自分の全体性を失わない。愛においては、二人が一人になり、しかも二人でありつづけるという、パラドックスが起きる。
 お互いに、自らが十全に自らでありながら、互いに一体感を感じ合う。そこに愛の本質がある。

なる記事を見つけたが、うーん、美しすぎるわい。

2014年02月12日(水)

ネトレプコと北野武とハドリアヌス帝 plaza.rakuten.co.jp/doyoubidayo/di… 「パール・ハーバー」親友同士の男に二股をかけた挙句、生まれてきた子供に死んだ方の男の名前をつけるという、史上稀に見るすばらしいラブストーリーでした。これで泣けたって人は、大変ないい人だと思います。
posted at 05:42:12

@tinouye: 「佐村河内守さんの謝罪文(全文) - 朝日新聞デジタル (www.asahi.com) t.asahi.com/dxyt”問題はこの後だけど静かに見守ってやれよ、世間様。
posted at 05:47:33

映画『かぞくのくに』公式サイト || 大ヒット上映中!! kazokunokuni.com WOWOW録画して観た。泣けた。あの国にはこんな悲劇が何十も何百も何千も何百万もあるんだ多分。東アジアに平和とひとりひとりの自由をと願う。
posted at 11:06:00

|

« 「かぞくのくに」ヤン・ヨンヒ監督 | トップページ | 昨日今日さすが疲れし春の雪 »

「哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「かぞくのくに」ヤン・ヨンヒ監督 | トップページ | 昨日今日さすが疲れし春の雪 »