« 映画「ヒットラー」 | トップページ | 日暮れて道遠し… »

2014年5月29日 (木)

「自我は身体の一機能」「単なる自我」

八木神学のキーワードの一つは「自我は身体の一機能」。それを上手に説明している文章をコピペしておく。

私は人間とは「身体である人格、人格である身体」だと考えている。これは人間という現実性の二面である。ここで身体とは単なる肉体のことではなく、こころとからだの統一体としての身体のことである。キリスト教も仏教もともに人間を身体として把握してきた。人間の本質は滅び行く肉体(悪の原理)に閉じ込められた神的で不滅の実体であるとか、その現代版と考えられる把握、つまり人間の本質は自我であるとか、このようには決して考えてこなかった。身体は自我を生かす道具ではなく、自我の単なる容器でもない。自我は身体の一機能である。意識し、選択する機能である。それぞれの状況で何を選択するかは身体・人格の全体性から決まるので、単なる自我が自分勝手に決めるものではない。

そして、もう一つのキーワードは「単なる自我」。自我は身体の一機能<情報処理(主として言語情報)と行動を司る>に過ぎず、自我を情報処理と行動へと動かすものは身体的欲求であり情念すなわち身体。ところが、自我は情報処理に際して言語情報に頼る結果、身体的生とその奥にある人間性を見失ってしまう。それが「単なる自我」。

自我が自我自身にのみ関心を抱き、自我だけが自我を動かす唯一の現実となるとき、単なる自我とそのエゴイズムが成立する。

その卓越した比喩を「<はたらく神>の神学」八木誠一から引用。

ここに幸福があると錯覚してその実現を求める「単なる自我」は、目指す女性の気に入られようと夢中になって、勝手にその女性の奴隷となり終わる男のように、「幸福」の奴隷となって自由と自立を失うのである。律法の完全遂行を求めて律法の虜となったパウロがそうだった。(同書P148)

また、こんな比喩もある。

人間を船にたとえると、身体は船体、自己は船長、自我は操舵手。(同書P159)

頭デッカチになってしまった操舵手が船長の指図も聞かないで勝手に「幸福」と思い込んだ方向へ船を動かしているのが我々の通常の在り方ということだ。

以上、「自我は身体の一機能」「単なる自我」に興味を持たれた方は、八木誠一「<はたらく神>の神学」読書ノートをクリックされよ。

〈はたらく神〉の神学 〈はたらく神〉の神学
八木 誠一

3・11以後とキリスト教 親鸞とパウロ―徹底討議 聖書を発見する 新約聖書 訳と註 第五巻 ヨハネ福音書 パウロ (センチュリーブックス 人と思想 63)

by G-Tools


2014年05月29日(木)

神は内的感覚(自覚、直覚)と映画「ヒットラー」 plaza.rakuten.co.jp/doyoubidayo/di… かくして、自我(損得、好き嫌い、善悪、理非)と自己(苦楽、美醜、虚実)の統合が必要となり、神(感覚・自覚・直覚。愛<きよらかなやさしいこころ>)は外的観察だけではその実像に迫れない現実を
posted at 06:39:12

#photoikku 緑陰のだらだら坂をくだりゆく  #jhaiku それで済んだらいいなあ、我が人生。 pic.twitter.com/QL3L9M1RSk
posted at 11:06:43

#photoikku 夏帽子聖霊降臨寿げり  #jhaiku pic.twitter.com/o1qvnKLBeU


posted at 11:10:39

人間は身体である。より正確にいえば、身体としての人格、人格としての身体である。まず私(自我)があって、その私が肉体を持っているのではない。「この身体が私である」というのが正しい。 自我は身体の一機能である。www.dcn.ne.jp/~skana4/yagise…
posted at 13:47:31

自我は身体の一機能(特定の状況のなかで諸情報を処理し、しかるべき選択をおこなう)であって、身体の中心でもなければ主でもない。身体は自我を生かす装置でもなく、自我の単なる道具でもない。しかし自我が自我自身にのみ関心を抱き、自我だけが自我を動かす唯一の現実となるとき、→続く
posted at 13:48:58

自我が自我自身にのみ関心を抱き、自我だけが自我を動かす唯一の現実となるとき、単なる自我とそのエゴイズムが成立する。さらに自我が身体を対象化して支配しようとするとき、身体は肉体すなわち自我の装置ないし道具におとしめられる。www.dcn.ne.jp/~skana4/yagise…
posted at 13:50:36

倫理の根本である「生命への畏敬」 blogs.yahoo.co.jp/morinohito24/1… 身体は自我を生かす道具ではなく、自我の単なる容器でもない。自我は身体の一機能である。意識し、選択する機能である。それぞれの状況で何を選択するかは身体・人格の全体性から決まるので、単なる自我が…
posted at 13:58:41

RT @coush3: 今年四月から、薬局にお薬手帳を持って行かなければ薬学管理料が41点から34点に減り、処方料が安くなる仕組みに変わったそうです。 薬局はお薬手帳の持参を促したり、仮手帳(ペラ紙)を出すことで減額を回避してくるので気をつけて下さいね。 pic.twitter.com/4hMoG4PgCz
posted at 17:00:39

人間を船にたとえると、身体は船体、自己は船長、自我は操舵手。八木誠一「…神学」P159 
posted at 17:40:12

漂流俳優 ヨシ笈田 ameblo.jp/yushima-tank/e… 「見てくれは孤独かも知れない…。目に見える世界だけが自分の生活だと思えば悲しくもあり、自殺したくなるかもしれないけど、もうひとつ何か質の良い存在の仕方があると思えば、あまりそういう孤独というものは感じられない」
posted at 17:51:58

|

« 映画「ヒットラー」 | トップページ | 日暮れて道遠し… »

終活キリスト教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「ヒットラー」 | トップページ | 日暮れて道遠し… »