« 信仰の基本モデルは「不可分・不可同・不可逆」 | トップページ | 意味と目的の世界 »

2014年6月 9日 (月)

コパチンスカヤ×アシュケナージN響

日曜日の公演をいつもの右翼人民席で(但し、最前列は先に占拠されたので2列目)。曲目は

グラズノフ/交響詩「ステンカ・ラージン」作品13
プロコフィエフ/ヴァイオリン協奏曲 第2番 ト短調 作品63(Vn:パトリツィア・コパチンスカヤ)
(アンコール)ホルヘ・サンチェス=チョン:クリン
チャイコフスキー/バレエ音楽「くるみ割り人形」作品71から第2幕 「トレパーク」「あし笛の踊り」「花のワルツ」ほか


お目当てはコパチンスカヤ。ステージ登場の際にスカートの裾を持ち上げて裸足の足を見せてくれたのはサービスか。演奏はそれなりに面白かったがちょっと眠かった(朝、プールに行く際に聴いた前日FMライブ録音の方がもっと面白かった)。人民席からステージまでの遠さのせいなのか、それとも、この曲のわかりにくさのせいなのか。

くるみ割り人形はアシュケナージらしい愛情のこもったフレンドリーで幸せな演奏(長くて少々退屈もしたけれど)。

2014年06月08日(日)

信仰の基本モデル「不可分・不可同・不可逆」 plaza.rakuten.co.jp/doyoubidayo/di… 信仰の基本モデルは「不可分・不可同・不可逆」/「般若心経」を解く―禅とキリスト教の対話を読んでいて出会った言葉。要は、「神」と「人」とは、区別することはできる(不可同)が、切り離すことは
posted at 04:56:02

柴田 秀 の 滝沢克己の世界・インマヌエル を図書館でリクエストしたけど受け付けてくれない。今日、窓口で訊いてみよう。 www.amazon.co.jp/gp/product/439… @さんから
posted at 05:24:25

RT @KeiK_App: N響A定期。コパチンスカヤのプロコ2番、期待以上の演奏でした。ノンビブであえて楽器を鳴らさない一筆書きの冒頭は、どこかバロック音楽のよう。所々に挟まる奇矯な音といい個性全開。第2楽章は極限とも言える弱音で始め、ただでさえ美しいこの楽章で早くも涙腺が… 本当に素敵な音楽です。
posted at 10:17:31

#photoikku ロボットが話し相手や枇杷熟るる  #jhaiku pic.twitter.com/kbbk03LJyG


posted at 10:59:41

先日の我が混声合唱団shin定期演奏会録音を聴きながら渋谷到着。なかなかいいじゃん、これで表現に深みが出れば一流に近づくなあと自画自賛。誰か客観評価してくれんかなあ、くれんやろなあ。
posted at 12:50:21

アマゾン、独自スマートフォンを6月18日に発表。ヘッドトラッキングに対応 (動画) japanese.engadget.com/2014/06/04/ama… @engadgetjpさんから
posted at 13:27:25

『ボエーム』(サンフランシスコ歌劇場) orfeo.cocolog-nifty.com/orfeoblog/2008… YouTubeで発見
posted at 19:31:28

|

« 信仰の基本モデルは「不可分・不可同・不可逆」 | トップページ | 意味と目的の世界 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 信仰の基本モデルは「不可分・不可同・不可逆」 | トップページ | 意味と目的の世界 »