« 拾ひ読む聖書の一句青蜜柑 | トップページ | 一神教は不寛容で多神教は寛容? »

2014年8月26日 (火)

パリオペラ座ライブビューイング「西部の娘」

火曜日はプール定休/さて、今日はどうするか、横浜ららぽーとにでも行って映画でも見るかとネットチェックしたらパリオペラ座ライブビューイング「西部の娘」9:00~。で、料金はと見たら特別料金ではない模様。お、これは、ライブビューイングを1200円で見られるじゃんと7時過ぎに出発。

あにはからんや、矢っ張り特別料金3500であった。

パリオペラ座ライブビューイング2013-1014
プッチーニ:歌劇「西部の娘」(2014年2月10日現地上演)

ミニー:ニーナ・ステンメ(ソプラノ)
ディック・ジョンソン:マルコ・ベルティ(テノール)
ジャック・ランス:クラウディオ・スグーラ(バリトン)

カルロ・リッツィ(指揮)
パリ国立歌劇場管弦楽団
パリ国立歌劇場合唱団
演出:ニコラス・レーンホフ

演出が面白かったなあ、特に終幕。

レーンホフは廃車庫の場面設定、なぜまたこの場面だと思いつつ、処刑直前のミニーの登場は豪華なミュージカルを思わせる階段から。しかも背景はどこかの映画会社の映画の冒頭を飾る象徴に似たものが。

すなわちMGMのロゴマーク、ライオンをバックにフィナーレ。アメリカ文明を皮肉るようなおちょくるようなフランスらしき演出と理解。またいつか、面白そうなプロダクションがあれば見に行こう。

2014年08月24日(日)

町内夏祭りと愛 plaza.rakuten.co.jp/doyoubidayo/di… 愛は寛容であり、愛は情深い。また、ねたむことをしない。愛は高ぶらない、誇らない。不作法をしない、自分の利益を求めない、いらだたない、恨みをいだかない。不義を喜ばないで真理を喜ぶ。そして、すべてを忍び、すべてを信じ、すべ
posted at 05:02:22

2014年08月25日(月)

ネトレプコ、ロビン・ウィリアムス、地球大進化 plaza.rakuten.co.jp/doyoubidayo/di… 傷つくことを恐れないで実人生を生きよ、若者よとロビンは直球を投げ込んだということだけど、主人公の恐怖、実人生忌避の気持ちを共有できなかったなあ。幼少期の虐待があったとしても俺だったらあそこ
posted at 04:59:02

RT @Yamacha611: 『哲子の部屋』の國分功一郎氏の「環世界は学びで変化しうる」という言葉で思い出したのは、千葉雅也氏の「勉強が嫌い、というのは、自分を変えたくないということだと思う。…勉強することは、変身の恐ろしさのまっただ中にダイブすることだ」(千葉雅也『別のしかたで』139)というつぶやき。
posted at 15:12:37

|

« 拾ひ読む聖書の一句青蜜柑 | トップページ | 一神教は不寛容で多神教は寛容? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 拾ひ読む聖書の一句青蜜柑 | トップページ | 一神教は不寛容で多神教は寛容? »