« パリオペラ座ライブビューイング「西部の娘」 | トップページ | アメリカは野暮な国だって? »

2014年8月28日 (木)

一神教は不寛容で多神教は寛容?

サバイバル宗教論 (文春新書) サバイバル宗教論 (文春新書)
佐藤 優

佐藤優の沖縄評論 (光文社知恵の森文庫) 宗教改革の物語  近代、民族、国家の起源 (ノンフィクション単行本) 世界十五大哲学 (PHP文庫) 喧嘩の勝ち方 喧嘩に負けないための5つのルール 「知」の読書術 (知のトレッキング叢書)

by G-Tools

佐藤優著『サバイバル宗教論』(文春新書/864円)を読み始めた。図書館でも人気の本(借り出し期限2週間の延長不可)だが、話があちこち飛んで(国際政治の話やら宗教やら)まとまった印象を持ちにくい。ただ、ブログネタに出来る部分があったのでコピペ。

もちろん一神教の中にも、不寛容な人もいれば不寛容でない人もいる。しかし、基本的には、一神教というのはむしろ寛容です。なぜかと言えば、一神教の信者 は神と自分の関係にしか関心がないからです。ほかの人がどんな宗教を信じているか、信じていないかにはそもそも関心がない。無関心であるがゆえの寛容とい うわけです。
(中略)
 他方で、多神教は寛容だという説があります。しかし、たとえばスリランカのテロには多くの仏教徒が関与しています。また、タイの紛争も、仏教徒間の紛争で、流血騒ぎも起きています。
 ですから、特定の宗教が寛容であるとか不寛容であるという議論自体が間違っているわけです。ところが、「一神教は不寛容だ」という説は、かなり安易に通用しています。政治エリートでもそんなことを信じている人がたくさんいます。

これは全く同感「一神教の信者は神と自分の関係にしか関心がない」。損得も好き嫌いも理非も善悪も横軸(此岸)のこと。信仰は縦軸(彼岸)すなわち、苦楽、美醜、虚実に関わる事柄なのだから。 

人生=横軸(損得、好き嫌い、理非、善悪)+縦軸(苦楽、美醜、虚実)

ひょっとしたら正真正銘のエゴイストでないと信仰の道には入れないのかもしれない。

2014年08月26日(火)

最愛の大地と神の国 plaza.rakuten.co.jp/doyoubidayo/di… テレビっ子ばかりしているとブタになるので図書館/リクエスト受領。Nスペ「中継 京都 祇園祭 千年の謎」×定量+2以上乾き物も(アンジェリーナ・ジョリーのせい)。13634歩朝80.1夜量らず一過性膨張と楽観視。ロシ
posted at 05:09:14

2014年08月27日(水)

パリオペラ座ライブビューイング、秋時雨 plaza.rakuten.co.jp/doyoubidayo/di… BS1追っかけ巨人戦、寝落ちしないで最後まで見たのに9回逆転サヨナラ負け「あと一歩足らぬ阪神秋時雨」×定量+1。7019歩朝80.75夜81.75。越境兵拘束を確認=「誤って入った」と釈明―ロシ
posted at 05:03:11

RT @classicalmeigen: (ストラヴィンスキーのバレエ《春の祭典》初演時に冒頭部分のファゴットを聴いて)“私は楽器の使い方を知らない者の曲は聞きたくない。” ―カミーユ・サン=サーンス
posted at 18:10:07

#photoikku 秋風や世間知らずのアナキスト  #jhaiku pic.twitter.com/qVjX9BhKXI


posted at 21:17:48

|

« パリオペラ座ライブビューイング「西部の娘」 | トップページ | アメリカは野暮な国だって? »

終活キリスト教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パリオペラ座ライブビューイング「西部の娘」 | トップページ | アメリカは野暮な国だって? »