« ルターは名言メーカー | トップページ | 明日の句会準備 »

2014年9月16日 (火)

ルターの良心三段階説とバッハ

宗教改革の精神―ルターとエラスムスの思想対決 (講談社学術文庫) 宗教改革の精神―ルターとエラスムスの思想対決 (講談社学術文庫)
金子 晴勇

痴愚神礼讃 - ラテン語原典訳 (中公文庫) ルターの首引き猫―木版画で読む宗教改革 (歴史のフロンティア) 宗教改革の真実 (講談社現代新書) トマスによる福音書 (講談社学術文庫) ギリシャ正教 (講談社学術文庫)

by G-Tools

金子晴勇「宗教改革の精神」一応読了/一応というのは少々ルター贔屓に過ぎているので、些か嫌気(ルターは名言メーカー参照)がさしたからだ。しかし、この本でルターの良心三段階説が紹介されていたので、それは記録しておく。下は(この本の文章ではなく)ググって同意味の記事からコピペしたもの。

第一は社会的習俗の領域であって社会的風俗、因襲、言い伝え、伝統、掟という規定に服し、この深さをクリアーにしている良心はこれを守ろうとする。第二の領域が、道徳的意識の反照域であり道徳、倫理を守ろうとし、これを破ると良心の呵責を生じる。そして第三の領域は、人間が現に在る日常的に堕落した状態 をたえず超越して真の自己たる実在に達するよう促すものが良心である。これによるとルターは第三の領域で、エラスムスは第二の領域ということになる。

上を俺流にネーミングすると (1)恥に対する良心 (2)倫理的良心 (3)神に対する良心となる。
ここに、(1)(2)の良心は従来の理解範囲だが(例えばルース・ベネディクト「菊と刀」)、(3)がわかりにくい。神を信じてないから(今のところは)、神に対する良心をイメージ出来ないのも当然ではある。

そんな事を思いながら、次の読書、礒山雅「J・S・バッハ」を読んでいたら次のような文章に出会った。

要するにバッハは、音楽を、人間同士が同一平面で行うコミュニケーションとは考えていなかったのだと思う。バッハの音楽においては神が究極の聴き手てあり、バッハの職人としての良心は、神に向けられていた。(p132)

そうか、(3)神に対する良心をバッハの音楽としてイメージすればいいのか(声楽曲よりも平均律クラヴィアなどの器楽曲が端的イメージ)。神よ、我が一生に良心に悔いなしとバッハの音楽は語っているのである。

J・S・バッハ (講談社現代新書) J・S・バッハ (講談社現代新書)
礒山 雅

バッハ=魂のエヴァンゲリスト (講談社学術文庫) バッハ (新潮文庫―カラー版作曲家の生涯) バッハの秘密 (平凡社新書) マタイ受難曲 バロック音楽 豊かなる生のドラマ 磯山雅 (NHKブックス)

by G-Tools

2014年09月13日(土)

グールド、名言名人ルター、生きる事は真実 plaza.rakuten.co.jp/doyoubidayo/di… 「キリスト者は、全てのものの上に立つ自由な君主であって、何人にも従属しない」「キリスト者は、全てのものに奉仕する僕であって、何人にも従属する」原罪(自己愛)から救われるべく安易に他力・神・正義
posted at 05:11:37

RT @h_hirano: 朝日新聞の木村社長らによる謝罪会見。気に入らないのは吉田調書の謝罪を前面に出し、慰安婦問題のそれをついでやったことだ。後者の方が朝日新聞にとって深刻なので、そういう戦略を取ったものと思われる。もっと気に入らないのは社長が即辞任をしなかったことだ。社内改革は後継者に委ねるべきでだ。
posted at 08:02:39

2014年09月14日(日)

東響、懇親会幹事、留守電 plaza.rakuten.co.jp/doyoubidayo/di… 逆に言うとプロの音はまず柔らかくあるべしと発見。続いてブル9/オケの音も硬し。 金子晴勇「宗教改革の精神」ルター贔屓もほどほどにと所感して飛ばし読み、残すは第五章「神の人間性」第六章「宗教改革と現代」。
posted at 04:51:04

新しい言葉を覚えた→「スピリチュアルペインとは、死が間近に迫った患者の方が、自分が生きる意味や価値を見失ったり、死後の不安や罪悪感などで苦しむ痛みのことを言います」terminalcare.kenkou-bank.com/20/post_19/
posted at 05:31:04

こころの時代~宗教・人生~「“人生最後のおもてなし”を」  www4.nhk.or.jp/kokoro/x/2014-… 「私の努めは死と直面した人たちに“最後のおもてなし”を施すこと」と語るホスピス医で牧師の下稲葉康之さん。これまで見つめてきた「人が死と向き合う姿」について聞く。霊性の参考なう
posted at 05:41:13

#photoikku 秋天やシニアシニアと囃す記事  #jhaiku 死にや死にやと囃す記事 pic.twitter.com/W77J0pytY6


posted at 07:41:46

下稲葉 康之 の いのちの質を求めて―ホスピス病棟日誌 www.amazon.co.jp/gp/product/426… 図書館にあったのでそのうち読む。
posted at 08:32:47

RT @K5Takahashi: 今朝の「NHK俳句」小澤實選に、「澤」の佐藤晃市さんの「秋水に除染終へたるアスファルト」が入った。福島在住で原発事故による放射能問題を詠みつづけている。昨日の澤定例句会には「除染了へ除染夫の列夕焼けて」。静かに怒りは持続している。  #NHK俳句
posted at 20:02:07

2014年09月15日(月)

仮面舞踏会、町内草抜き、ホワイトハウス plaza.rakuten.co.jp/doyoubidayo/di… WOWOWメト仮面舞踏会」アルバレス×ラドヴァノスキーリマインド予習→9/15豊島区オぺラソリストの会「仮面舞踏会」。ストーリー、見どころなどリマインド。さて、どんな舞台なのか楽しみposted at 05:19:58

臨死体験 死ぬとき心はどうなるのか|NHKスペシャル tvmatome.net/archives/831
posted at 06:00:33

#photoikku 敬老日区民オペラの公会堂  #jhaiku 豊島公会堂、昭和27年竣工だそうな。風格のホールだった。 pic.twitter.com/8TZJGzYMxn


posted at 19:03:26

|

« ルターは名言メーカー | トップページ | 明日の句会準備 »

終活キリスト教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ルターは名言メーカー | トップページ | 明日の句会準備 »