« 映画「アルゲリッチ、私こそ音楽」 | トップページ | 量子コンピュータってなんやねん? »

2014年10月 3日 (金)

人生を愛せよ 死を思え

BS名作選 HV特集「神様がくれた時間 ~岡本喜八と妻 がん告知からの300日~」



という番組。
そして、感動的なのはこの場面。
ある日、娘が介護の手伝いに来たとき、みね子さんは愛犬の散歩に出かけた。そして喜八さんが娘に(当然娘という判断は出来ていない)突然「あの~」と話しかけてきた。娘さんが「どうしたの?」と聞くと「僕には好きな人がいるんだよ」と話しだす。娘は台所から出て父の横に座り「へえ?誰が好きなの?」と問いかけると、ゆっくりとたばこをふかしながら「今ね、犬の散歩に行っている人がいるんだけどその人のことが好きなんだ。かわいくてとっても素敵な人なんだよ」と喜八さんは照れながら話したという。この台詞に娘は必死に涙をこらえながら笑顔で「良かったね。きっと相手もあなたのことを好きだと思うな」と応えたという。
最後は
以上、素晴らしい夫婦愛の物語だけれども、忘れてならないのは妻の胸中。夫が妻を認知できなくなった時、妻は「夫の知性が無くなって行く」と大きなショックだった。丹念に付けていた介護日記も2か月、書けなかったという。その間、どんな思いでいたのだろう。この事態をどのように受け止めようとしたのだろうか。出した結論は
災厄や不幸は(大抵)外からやって来る。だから自分のせいとは思えないのが普通。しかし、災厄や不幸を他人が代わって受け止めてはくれない。受け止めるのは自分しかいない。だったら、被害者意識に陥ってもしようがないのだ、前向きに明るく受け止めよう。妻はそう考えて「おかげで新婚さん」と受け止めたのだろう。
ちなみに、妻の座右の銘は「「人生を愛せよ 死を思え 時が来たら誇りを持ってわきへどけ」エーリッヒ・ケストナーだそうだ。いつか訪れるかもしれない未来に対する備え参考になった番組だった。
 死ぬるてふ大仕事あり秋の暮
2014年10月02日(木)

赤尾飯店とアルゲリッチとiPhoneバッテリー plaza.rakuten.co.jp/doyoubidayo/di… ふーんとちょっぴり不満だったが、Appleストア、係員の態度は丁寧だし雰囲気悪くないし、さすが、高価格高ブランドだけのことはあると実感。iPhone6の出物があれば買ってもいいかと思わせ
posted at 08:10:20

RT @ippan0826: 行く先々の国のトップに、我々の税金をばらまく約束をする安倍。 pic.twitter.com/1EkTToeTXB
posted at 17:31:58

「神様がくれた時間 ~岡本喜八と妻 がん告知からの300日~」 www.otafukuwata.com/blog/archive/g… を観ながらの一句。死ぬるてふ大仕事あり秋の暮  #jhailu 死ぬ事は生き切る事なり。「人生を愛せよ 死を思え 時が来たら誇りを持ってわきへどけ」エーリッヒ・ケストナー
posted at 17:54:05

RT @mitsuya_niwa: ”安倍総理大臣は、沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設計画について「辺野古に移るのはオスプレイなどの運用機能のみで、ほかの機能は本土に移転される」と述べ、名護市辺野古への移設を推進していく考えを強調しました。”(NHKニュース)  nhk.jp/N4Fd6K2R
posted at 19:44:12

#photoikku 勘三郎その傷々しさや風  #jhaiku pic.twitter.com/A9bojCBmoN


posted at 20:07:53

|

« 映画「アルゲリッチ、私こそ音楽」 | トップページ | 量子コンピュータってなんやねん? »

終活キリスト教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「アルゲリッチ、私こそ音楽」 | トップページ | 量子コンピュータってなんやねん? »