« 水と油のような霊と肉 | トップページ | 再臨はキリスト教徒にとって当然の信仰 »

2014年11月15日 (土)

箱根美術館

201411150441_3719_iphone.jpg

天気がよかったので箱根紅葉狩り。箱根美術館で庭と広重(広重の東海道五拾三次は、30数種類の版があるが、その中でも「保永堂版」は最高のものだそうだ。藍色が深かった)、強羅公園で冬薔薇を楽しんで来た。拙いGoogle+アルバムはこちら

ところで箱根美術館はMOA美術館と同じ経営ということを今回知ったのだが、MOAとは創業者「茂吉岡田アソシエーション」の略と案内のご婦人が教えてくれた。ウィキにはMOA Museum of Art とあるが。

2014年11月13日(木)

エロイカ、水と油のような霊と肉、言行不一致口先男 plaza.rakuten.co.jp/doyoubidayo/di… 肉は社会で暮らし、魂は霊として生きる。だから、この二つは水と油。そしてこの二つを結びつけるのが自己(責任)。山本圭は「環境の改善と生命の再生産」なる生きる意味ならぬ社会の存在意義を生き
posted at 05:17:09

RT @fujiokashin: オバマと延べ9時間にわたって会談した習近平、オバマと寿司屋に行き「オバマは仕事の話ばかりする」と愚痴った安倍。
posted at 05:22:31

RT @PenseesBot: わたしは、人間を褒めると決めた人も、人間を貶めようと決めた人も、また気晴らししようと決めた人も等しく非難する。わたしが肯定できるのは、呻きながら求める人だけである。(断章四二一)
posted at 07:51:35

#photoikku じゃんけんで負けて泣いたよ冬紅葉  #jhaiku pic.twitter.com/5hknXbilDR


posted at 09:25:21

2014年11月14日(金)

ペチャワ「わが青春の輝ける日々よ」、ソビエト連邦 最後の日々 plaza.rakuten.co.jp/doyoubidayo/di… ソ連解体前のバルト三国独立、エストニアへの軍事介入があったなど殆ど忘れていた。そしてまた、ベロヴェーシの森の陰謀などは全く記憶の向こう側。薄れる記憶も問題だが、その当時、ソ
posted at 05:08:25

#photoikku 渋滞を抜けて強羅の冬紅葉  #jhaiku 箱根美術館庭紅葉狩なう。 pic.twitter.com/7pnQPMbY1G


posted at 10:48:49

#photoikku 人が邪魔あんたも要らぬ冬紅葉  #jhaiku pic.twitter.com/80yCKa2jij


posted at 10:56:33

#photoikku 我が侭に生きて強羅の冬桜  #jhaiku pic.twitter.com/83bfLg8Xl1


posted at 12:36:17

#photoikku 月給も賞与も手に無し冬の薔薇   #jhaiku 思わぬベストショット。 pic.twitter.com/NFthIzQqAe


posted at 21:03:20

|

« 水と油のような霊と肉 | トップページ | 再臨はキリスト教徒にとって当然の信仰 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水と油のような霊と肉 | トップページ | 再臨はキリスト教徒にとって当然の信仰 »