« 再臨はキリスト教徒にとって当然の信仰 | トップページ | 明日の句会準備 »

2014年11月17日 (月)

「人間、死んだらタダのゴミ」と考えるな

Eテレが毎月1回再放送しているこころの時代「内村鑑三」。昨日は「②現世と後世」
全文起こし記事からエンディングだけをコピペさせて頂く。

この世の中は悲嘆の世の中でなくして、歓喜の世の中であるという考えをわれわれの生涯に実行して、その生涯を世の中への贈物としてこの世を去るということであります。その遺物は誰にも遺すことのできる遺物ではないかと思う。
(『後世の最大遺物』改版)

死んだら人生そこでお仕舞いと考えるな(サミシイじゃん)。後世があるじゃん(来世とかあの世とか天国とかではない、希望の国あるいはイエスの言う神の国?)。それを希望にして「我は家に在りて善き桶を作る」。これが内村の生き方及び死に方だったと感じた。

多分、それは内村の再臨思想にもつながっている。「人間、死んだらタダのゴミ」と考えるな。

2014年11月16日(日)

ユダヤ教及びキリスト教心髄理解 plaza.rakuten.co.jp/doyoubidayo/di… ユダヤ教は「神の約束とそれに対する人間の無条件の信仰」の宗教。そして、これに加えてキリスト教は「イエス・キリストのこの世への到来と人間に代わる受難と復活の福音」の宗教。
posted at 05:12:23

増俳 zouhai.com 「人生の生暮れの秋深きかな」永田耕衣。生煮え観念俳句なれど、他人様の心境は測り難し、軽々に云々するべからずとも。その点、人と人のつながりの間に神(造物主及びキリスト)を立つるキリスト教は甚だ実際的かも。人を愛しても信じはしない。posted at 05:44:42

#photoikku ブランドに舌の痺れや小春の日  #jhaiku 町内会にて獺祭拝飲するもスパークリングの為か、それとも余りの怖れ多さの故か、味よう分からず。 pic.twitter.com/VyNywocxIf


posted at 12:01:26

@8mevius コメ感謝他力感謝です。
posted at 18:10:43

|

« 再臨はキリスト教徒にとって当然の信仰 | トップページ | 明日の句会準備 »

終活キリスト教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再臨はキリスト教徒にとって当然の信仰 | トップページ | 明日の句会準備 »