« 「野火」12月号投句 | トップページ | アブラハムの生涯 »

2014年11月 8日 (土)

考える葦

NHK「100分de名著」ブックス パスカル パンセ NHK「100分de名著」ブックス パスカル パンセ
鹿島 茂

NHK「100分de名著」ブックス ニーチェ ツァラトゥストラ (NHK「100分de名著」ブックス) NHK「100分de名著」ブックス アラン 幸福論 (NHK「100分de名著」ブックス) パンセ (中公文庫) NHK「100分 de 名著」ブックス ブッダ 真理のことば (NHK「100分de名著」ブックス) NHK「100分de名著」ブックス フランクル 夜と霧

by G-Tools

 100分de名著「パスカル パンセ」鹿島茂読了。有名な「考える葦」断章全文をコピペしておく。

第六章 哲学者たち
347
人間はひとくきの葦(あし)にすぎない。自然のなかで最も弱いものである。だが、それは考える葦である。彼をおしつぶすために、宇宙全体が武装するには及ばない。蒸気や一適の水でも彼を殺すのに 十分である。だが、たとい宇宙が彼をおしつぶしても、人間は彼を殺すものよりも尊いだろう。なぜなら、彼は自分が死ぬことと、宇宙の自分に対する優勢とを知っているからである。宇宙は何も知らない。
だから、われわれの尊厳のすべては、考えることのなかにある。われわれはそこから立ち上がらなければならないのであって、われわれが満たすことのできない空間や時間からではない。だから、よく考えることを努めよう。ここに道徳の原理がある。

考えることは人間の原罪でもあるが、他方、人間の尊厳の基礎でもある。パスカルは短調(暗さ)と長調(明るさ)の入り交じった人生達人であることが分かったのが収穫だった。俺も明るく死に向かって歩こうね。

2014年11月07日(金)

東奔西走、原罪=自己愛+思考。完璧映画評 plaza.rakuten.co.jp/doyoubidayo/di… ゆうとり/ところがクリスマス行事のため予約不可(12月予約はこれがあるんだあ畜生、前日に電話確認するべし)→唐木田/タッチの差で先約されてた残念→トムハウス/句会に取り敢えず出句→貝取/空いて

posted at 05:09:49

クロ現:ベルリンの壁崩壊から25年① www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/… <ハンガリー オルバン首相「自由や民主主義の原理でできた社会は、これからの世界で競争力は維持できない。 国際的に成功しているのは、シンガポール、中国、インド、ロシア、トルコだ。>これにはビックリ。
posted at 17:57:46

|

« 「野火」12月号投句 | トップページ | アブラハムの生涯 »

終活キリスト教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「野火」12月号投句 | トップページ | アブラハムの生涯 »