« もう踊れぬファンダンゴ 行進は泥団子 | トップページ | 明日の句会準備 »

2014年12月 2日 (火)

無我をひっくり返せば神が見える

一目惚れの理科系の哲学入門を読み進めての中間報告。

「『パンセ』数学的思考」吉永良正
メインディッシュはパンセから「人間の不釣合」B72。そのエッセンスは次の一節。

これらの無限を目の前におけば、有限なものはすべて相等しい。それで私には、なぜわれわれの思いを、 他の有限でなく、ある一つの有限の上に置くのであるか、その理由がわからない。われわれを有限なものと くらべることだけがわれわれを悩ますのである。

そして、「自我とは憎むべきものである」パスカルは道元「正法眼蔵」の次の言葉と響き合うと著者は言う。

仏道をならふというふは、自己をならふなり。
自己をならふといふは、自己をわするるなり。
自己をわするるといふは、万法に証せらるるなり。
万法に証せらるるといふは、自己の身心および他己の身心をして脱落せしむるなり。

つまり、「自我を憎め」パスカルは「無我になれ」ということだが、ユダヤ・キリスト教では無我なるコインの裏側に神を置く(仏教では無我→悟り→仏という回路かなあ、いや、道元の言う「方法」か)。

無我をひっくり返せば神が見えるらしいけど、死んでも自我を捨てられないジコチューはどうしたらええんやろう(と今日はここまで)。

2014年11月30日(日)

来年4/18「村上敏明と歌う会ソロコンサート」 plaza.rakuten.co.jp/doyoubidayo/di… 南大沢コーラスフェスティバル、午前はステージリハーサルお手伝い、午後は本番ドア係。そして本番演奏「アルプスの牧歌、バラは憧れ、プリンク・プランク・プルンク」バラは憧れは気兼ねなくオペラチ
posted at 05:11:08

2014年12月01日(月)

サロメ、プリントパック、南大沢交流ホール電話予約慶賀 plaza.rakuten.co.jp/doyoubidayo/di… プリントパック→Wordで作ったチラシを印刷できるや否や研究。Office Printというソフトが提供されているのでこれを使えばできそうだとダウンロード&インストール。しかし、ど
posted at 05:09:03

|

« もう踊れぬファンダンゴ 行進は泥団子 | トップページ | 明日の句会準備 »

終活キリスト教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もう踊れぬファンダンゴ 行進は泥団子 | トップページ | 明日の句会準備 »