« 明日の句会準備 | トップページ | 「野火」1月号投句 »

2014年12月 5日 (金)

ヴェイユのパスカル批判

吉永良正「『パンセ』数学的思考」読了。期待が大き過ぎたせいか、「理科系の哲学入門」とはちょっと違うんじゃないのというのが正直な感想。

でも、収穫はヴェイユがパスカルを批判していることを知ったこと。

すでにパスカルは、神の探求において誠実さを欠くという罪をおかした。彼は科学の実践をつうじて知性を鍛錬してきらので、この知性に自由裁量を与えるならキリスト教の教義のうちに確信をみいだすにちがいない、とは考えられなかった。かといってキリスト教なしですます危険についても考えたくなかった。そこで知性による探求を始めたものの、そのさい探求が自分をどこに導くべきかをあらかじめ規定しておいた。あらぬところに導かれる危険を避けるために、意識的かつ意図的にひとつの示唆に自己を服させた。しかるのちに証明を求めた。確率や示度の領域では、きわめて重要な諸事象に気付いた。だが厳密な意味での証明となると、賭けの議論だの預言だの奇跡だのといった瑣末事しかとりあげなかった。彼にとってさらに深刻だったのは、一度たりとも確信に達し得なかったことだ。ついぞ信仰を得ることはなかった。手に入れようとさがしまわったからだ。

根をもつこと(下) (岩波文庫)/シモーヌ・ヴェイユにあるとのことだ。よーし、いつか読むぞぉ。

2014年12月04日(木)

Chromeブラウザに「あなたがウェブを閲覧中ですgoogle chrome ビデオプレーヤーーが最新バージョンでない恐れが」画面が昨日から勝手に出る。放っといたらChromeを落としたりする。そこで、Chromeを一旦アンインストール、インストールし直したら正常復旧したようだ。
posted at 16:56:55

|

« 明日の句会準備 | トップページ | 「野火」1月号投句 »

終活キリスト教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日の句会準備 | トップページ | 「野火」1月号投句 »